最新ランキングをチェックしよう
長時間労働の改善のための考察-その1 - 新たな政策の無理な実施より既存の制度の定着を -

長時間労働の改善のための考察-その1 - 新たな政策の無理な実施より既存の制度の定着を -

  • ZUU online
  • 更新日:2017/10/12

■要旨日本で長時間労働による弊害と過労死が社会的に注目され始めたのは1980年代後半からである。日本における長時間労働やサービス残業は、終身雇用制や年功序列制度、そして企業福祉主義等の日本的経営が行われていた当時の状況を考慮すると、日本の雇用者にとっては会社への忠誠心を表す当たり前の行動だったかも知れない。2014年6月には「過労死等防止対策推進法」が成立され、2014年11月から現在に至るまで施

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
業界3位に転落したマツキヨがなぜ、過去最高益を出せたのか?
【報ステ】2018年度税制改正の最終案まとまる
東芝、海外ファンド勢のマネーゲームの道具化
ディスニー、21世紀フォックスの買収を発表
みずほFG株価に「取り残され感」 ライバルと決定的に違う「体質」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加