iPhoneのプロトタイプOSはまんまiPodだった。画面内にクイックホイールを採用した当時の画像が発掘される

iPhoneのプロトタイプOSはまんまiPodだった。画面内にクイックホイールを採用した当時の画像が発掘される

  • ミートアイ
  • 更新日:2017/01/11

Appleについての情報を多数リークしているSonny Dickson氏が開発中だった頃のiPhoneのプロトタイプOSの画像を公開しています。

No image
No image

コードネームは「AcornOS」とされており、iPodをそのまま画面内に埋め込んだようなクイックホイールが特徴的なデザインになっています。

見た目のとおり、クイックホイールでコンテキストメニューを選択し機能を使うという形だった模様。

当時、iPhoneの開発において「iPodを拡張するか」「OS Xを縮小するか」の大きな2つの路線があったとのことで、これはその前者にあたるものだったようです。

実際にその開発に関わったTony Fadell氏が今回の画像について「なぜこれを採用しなかったかわかりますか?」と発言しており、どうやら本物のようです。

確かにiPhoneがiPodの流れから生まれたことを考えると、このデザインが提唱されたのも選択肢の一つとしては納得できるのではないでしょうか。

参考:The iPod-based interface that lost out to iOS for the iPhone

No image

この記事を書いた人イマ&ムラ@ima_mura_さんをフォロー

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

Appleカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
次世代iPad Pro、発売は今年後半!?9.7インチは10.5インチに大画面化
iPhone10周年モデルは5.8インチ曲面OLEDディスプレイ・顔認識センサー搭載で名称は「iPhone X」か?
今年の3月にも「第2世代Apple Pencil」が発表!?
iPhone 8の美しいコンセプトと、謎の流出画像をセットでどうぞ
Appleはつまらない会社?元Apple社員が語るAppleの過去と現在
  • このエントリーをはてなブックマークに追加