年俸増の北條&原口よ怖さ背負え!阪神・掛布2軍監督が若虎へ自覚促す

年俸増の北條&原口よ怖さ背負え!阪神・掛布2軍監督が若虎へ自覚促す

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2016/12/01

怖さを背負え-。阪神・掛布雅之2軍監督(61)が30日、所用のため鳴尾浜を訪れ、年俸の大幅アップを勝ち取った北條史也内野手(22)、原口文仁捕手(24)へ、より責任感を持つよう求めた。球団からの高評価は、同時に活躍が義務づけられたということ。ミスタータイガースの言葉に、北條も表情を引き締めた。

プロ野球選手として、本当の戦いはここから。責任、義務、そして、そこから生まれる怖さ-。掛布2軍監督が若虎へ、改めて自覚を促した。

「これからが重要だね。北條にしても原口にしても、あれだけ給料が上がれば義務の重さが変わってくる。それだけ球団が評価してくれたんだから。責任が増すと野球の怖さも大きくなる」

北條は打率・273、5本塁打、33打点で、年俸730万円から2200万円へ。原口も打率・299、11本塁打、46打点で、開幕時の年俸400万円(育成契約)から2200万円と大幅アップした。しかし、そんなときだからこそ、あえて師は「怖さ」という言葉を使った。無我夢中で戦った今年とは違う戦いが、来季はある。それを伝えたかった。

兵庫県内でサンテレビ主催のゴルフに参加した北條も、その言葉を伝え聞き「勝つためには目に見えない、記録に残らないプレーを大事にしないと。まずは試合に出ることから競争です」と、表情を引き締めた。

「来年(給料が)下がったら全く意味がないでしょ。来年が勝負だよ」と厳しく話した掛布2軍監督。慢心せず、己を律した先に、真の名声が待っているはずだ。(新里公章)

No image

鳴尾浜を訪れた掛布2軍監督は、若虎へあえて厳しいエールを送った

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
巨人まだ獲る メジャー30勝救援右腕リストアップ
各球団発表、12月8日の入団、背番号変更、スタッフ人事は?
陽岱鋼、巨人入り決定的 史上初の同一年FA3選手獲得
岸明日香×安枝瞳×青山ひかる×桜井奈津のラウンドガールにノックアウト
ハム連覇へ村田透が強い決意 栗山監督も活躍確信「間違いなく数字残す」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加