菅長官“生前退位法案”通常国会提出目指す

菅長官“生前退位法案”通常国会提出目指す

  • 日テレNEWS24
  • 更新日:2016/10/19
No image

菅官房長官は19日、天皇陛下の生前退位に関する法整備について、来年1月に召集される通常国会で法案提出を目指す考えを明らかにした。

菅官房長官「何らかの形で立法府の皆さんのその方向性について議論をしていただいて、その方向が決定をすれば、私どもこれから法律としてできれば通常国会に出したいという思いは持っております」

天皇陛下の生前退位をめぐっては、17日から有識者会議が、生前退位を含めた天皇の公務の負担軽減について議論をはじめている。菅長官は、「年明けに有識者会議で一定の方向性が出た段階で、国会の意見をうかがった上で法案として提出する」と述べた。

また、有識者会議で女性・女系天皇や女性宮家については議論しないことについて「意見が拡散してしまうので、公務負担の軽減に絞る必要があると判断した」と説明した。

動画の再生はこちら

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

政治カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
東京都のあま~いチェック体制にメス!!
TPP承認案と関連法案が参院で可決・成立
【小池VS都議会】答弁につまる小池百合子都知事に「笑ってんじゃないよ!」激しいヤジも...傍聴席から救いの声 ついに解禁、自民都議団との全面対決
「息をするように嘘をつく」いつから登場? 蓮舫氏の党首討論で再注目
【党首討論】蓮舫氏「息をするようにウソ...」に、橋下徹氏がツイッターで批判 「蓮舫さんなんか二重国籍問題ではバリバリの嘘つきだ」

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

おすすめの特集

おもしろい・役立つ記事をピックアップ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加