K・ラガーフェルド氏、「反難民」主張でホロコーストに言及 非難噴出

K・ラガーフェルド氏、「反難民」主張でホロコーストに言及 非難噴出

  • AFPBB News
  • 更新日:2017/11/14
No image

ファッションデザイナーのカール・ラガーフェルド氏(2017年10月3日撮影)。

【AFP=時事】ドイツ出身のファッションデザイナー、カール・ラガーフェルド氏が、国境を開放して多数の移民を受け入れたアンゲラ・メルケル独首相を批判する際にホロコースト(ユダヤ人大量虐殺)を持ち出したことから、非難の矢面に立たされている。

ラガーフェルド氏は11日、仏テレビC8の番組に出演し、「何十年もの時がたっているとはいえ、ユダヤ人を何百万人も殺害して、彼らの最悪の敵を何百万人も受け入れることはできない」と述べた。

さらに「私のドイツ人の知り合いは、シリアの若者を受け入れた4日後に『ドイツによる最も偉大な発明はホロコーストだ』と言っていた」と語った。

フランスのメディア規制当局が13日に明らかにしたところによると、このコメントに数百件もの苦情が寄せられたという。

シャネルのデザイナーでアドルフ・ヒトラーによるナチス・ドイツ下のハンブルクに生まれたラガーフェルド氏はこれまでも、2015年以降、100万人以上の難民を受け入れてきたメルケル氏を激しく非難してきた。

ラガーフェルド氏は11日の番組では他にも「メルケル氏はすでに(移民を)何百万人も受け入れ、彼らは社会に溶け込み、仕事もしているし、うまくやっている。ギリシャ危機で意地悪な継母とみられた自分のイメージをよくするために、さらに100万人も受け入れる必要はなかった」「人権の国フランスでさえ、よくは知らないが、受け入れたのは1万か2万人くらいだ」などと持論を展開した。【翻訳編集】AFPBB News

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

国外総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「彼女の脳みそは美味かった」露で想像を絶する“猟奇的食人事件” 脳フライ&グラス生血を......
アルゼンチン海軍の潜水艦、連絡途絶える 同国初の女性潜水艦将校も乗艦
死者27人 米・テキサス州の教会で銃乱射事件
浴室で息子が薬物過剰摂取 その後の掃除で母親が死亡(米)
思わぬ理由で死刑執行が中止に 薬剤投与の医師も苦悶(米)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加