濃い目の顔は似てるけど......『ドクターX ~外科医・大門未知子』草刈正雄と永山絢斗の親子設定に違和感!

濃い目の顔は似てるけど......『ドクターX ~外科医・大門未知子』草刈正雄と永山絢斗の親子設定に違和感!

  • 日刊サイゾー
  • 更新日:2017/12/07
No image

女優・米倉涼子が、フリーランスの天才外科医を演じるドラマ『ドクターX ~外科医・大門未知子』(テレビ朝日系)第5期の第8話が先月30日に放送され、平均視聴率20.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録。前回より0.5ポイントアップとなりました。

今回の患者は、元大臣秘書官の八雲拓哉(林家正蔵)。八雲は根治不可能といわれる肝細胞癌を患い、寿命があとわずかであることを悟ったため、厚生労働省と某大学病院との癒着問題を告発して正義に生きることを決意。日本中から注目の的の存在なのです。そのため、オペ失敗は許されないと、東帝大学病院の病院長・蛭間重勝(西田敏行)は執刀医に大門未知子(米倉涼子)を指名します。

未知子の主導による術前カンファレンスを滞りなく終えるのですが、手術直前に邪魔が入ります。日本医療界のトップ・日本医師倶楽部の会長・内神田景信(草刈正雄)と、八雲が告発した相手は“友達の友達”ということで、八雲のオペを失敗させるよう圧力がかけられてしまうのです。

というわけで、未知子の執刀はなしになり、代わりに指名されたのはオペ・スキルの低い外科副部長・海老名敬(遠藤憲一)。これには当然、未知子が不満を爆発させるのですが、もうひとり納得いかない様子を見せる人物が現れます。それは、若手外科医の西山直之(永山絢斗)。西山は未知子に触発されて外科医としての向上心が芽生えたらしく、難易度の高いオペに挑戦したいという意欲を見せるのです。

そんな中、東帝大学病院に脅迫文が送られてきます。その内容は、これまでの難易度の高い外科手術はすべて未知子が執刀し、その手柄を医局が奪い取っていたこと、そのことをマスコミにバラされたくなければ八雲の執刀医を未知子にしろ、というもの。これを蛭間は、未知子がみずから送ったものではないかと疑うのですが、未知子にはまったく身に覚えがないのです。

脅迫文の犯人捜しで病院内がザワつく中、西山が勝手に八雲のオペを開始。慌ててオペ中止させようとする教授たちに向かって西山は、「上の者の許可を取ってる」と言います。その“上の者”とは、内神田のこと。実は西山、内神田も出生を把握していなかった実の息子だったのです。それを脅しのネタにしてオペ執刀を許可させたのでした。

そして、西山が実の息子だと知ったことで情が湧いた内神田は、オペ失敗でキャリアに傷をつけてはいけないと、蛭間に命じて未知子を助手につけさせるのです。

内神田が懸念した通り、西山は突然起こった大量出血にパニック状態に陥ってしまいます。そこで未知子がバトンタッチして八雲のオペはなんとか無事に終了するのですが、未知子はオペ後に西山を呼びつけ、準備を怠って手術をおこなったことを説教。スキルアップのために執刀したかったという西山に対して、「失敗された患者に次はないんだよ」と叱りつけるのです。

一方、未知子によって命拾いした八雲は、まだ続く人生のため長い物には巻かれろと考えを改め、厚労省への告発を取り下げ。また、東帝大学病院に脅迫文を送りつけた犯人は、執刀を回避したかった海老名だったことが判明。オチがついたところで終了となりました。

さて感想。これまでのレビューにも何度か書きましたが、今シーズンは強引なストーリー展開が目立つように感じます。今回でいえば、西山が内神田の息子だったこと、それを脅しのネタにオペをした点ですね。

西山は今回、内神田が内部告発を揉み消すため八雲を見殺しにしようとしたことに腹を立てたようですが、シーズン序盤から内神田は患者の命よりも自身の利益重視というスタンスでした。また、スキルアップのためということに関しても、難易度の高い手術はこれまで何度もありました。なぜ今さらになって急に西山の自己主張が強くなったのかわかりません。確かに濃い目の顔はちょっと似ていますが、西山をメインにしたいがため後付けで内神田の息子という設定にしたように思えてならないのです。

そんな西山の暴走を諫めた未知子からは、他の教授たち以上に後輩に対する愛情が感じられました。今シーズンは、西山と同じくゆとり世代にあたる新人医師・伊東亮治(野村周平)に説教するなど指導医的な立場になることが多いですが、これまでのロンリーウルフ的なカッコ良さとはまた違った魅力が引き出されていると思います。また、今回の術前カンファレンスでは外科チームの医師たちが全員、未知子の話に耳を傾け熱心にメモを取っていましたが、未知子にはもはや病院長の風格すら漂い始めているように感じられました。

しかし、出る杭は打たれるもの。次回、未知子は内神田の裏工作によって、“想像を絶するような窮地”に立たされるとのことで、その運命やいかに。目が離せません。
(文=大場鴨乃)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロフィールを見る

芸能カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
森高千里「奇跡の48歳」を証明も、唯一隠せなかった部分とは?
「おめでとう!」「頑張れ!」松居一代会見、掛け声の主は...
カンニング竹山「相撲協会は貴乃花部屋を潰したいのか」発言が波紋!
中村愛、ビキニから下乳出すぎに「サイズが合ってないんじゃない説」
ドッキリで超生意気な姿が露呈した芸能人4人! 広瀬すずや矢口真里にガッカリ!?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加