ハリポタ作品の断片がそこかしこに J・K・ローリングが歩いたエディンバラ

ハリポタ作品の断片がそこかしこに J・K・ローリングが歩いたエディンバラ

  • CREA WEB
  • 更新日:2018/01/13

額に稲妻の傷跡をもつ魔法使いの少年の物語『ハリー・ポッターと賢者の石』が英国で出版されたのは、1997年のこと。当時は無名の作家だったJ・K・ローリングによる初版わずか500部から始まったハリー・ポッター・シリーズ全7巻は、この20年間で世界80言語に翻訳され、総計販売部数4億5000万部以上という歴史的な数字を記録、映画も大ヒットを博しました。

子どもだけでなく、大人をも魅了したこの作品のマジカルな世界に浸れる、英国内のスポットを巡る旅へとご案内しましょう。

美しい世界遺産の街 スコットランドの首都エディンバラ

No image

どこを切り取っても絵になるエディンバラの風景。

マンチェスターからロンドンに行く電車のなかで、ふいに頭に浮かんだ魔法使いの少年の物語、ハリー・ポッターの最初の2作品の多くを、J・K・ローリングはスコットランドの首都エディンバラで執筆しました。

ポルトガルで英語教師として働いているときに出会ったポルトガル人の夫との結婚生活に破れ、幼い娘を連れて妹夫婦の住むエディンバラに移住。国からの手当を受けながらの貧しい生活のなかで、彼女が後に世界のベストセラーとなるこの本を書いたことは、あまりに有名な話です。

No image

丘の上に立つエディンバラ城や、旧市街地のゴシック建築が美しいエディンバラ。

娘をベビーカーに乗せ、ローリングは頻繁に街を散歩してはカフェに向かったといいます。ユネスコの世界遺産にも登録されている景観の美しい街、エディンバラに散らばった、物語の断片やゆかりのスポットをたどっていきましょう。

No image

丘の上に立つエディンバラ城からの眺め。

まずは、ダイアゴン横丁のインスピレーションとなったといわれるヴィクトリア・ストリートへ。石畳の坂道沿いにカラフルなショップが並ぶこの道には、ダイアゴン横丁と同じように、いたずら用品を扱うショップも存在しています。

No image

ダイアゴン横丁のインスピレーションとなったといわれるヴィクトリア・ストリート。

No image

左:エディンバラの街角には、哀愁を誘うバグパイプの調べが。右:ストリート・ミュージシャンは、30分交代なので、出番待ちのバグパイプ奏者のこんな姿も。

Victoria Street
(ヴィクトリア・ストリート)
所在地 Edinburgh EH1 2HG

そして、ローリングの散歩ルートだったという墓地、グレイフライアーズ・カークヤード。ここは、エディンバラの忠犬ハチ公、ボビーの墓があることでも有名です。ボビーは、19世紀にエディンバラ市警で働いていたジョン・グレイの愛犬で、グレイの死後14年間にわたり飼い主の墓から離れることはなかったというスカイ・テリア。

屋敷しもべ妖精のドビーの名前の語源は、このボビー? という疑問もわき上がってきますが、それはさておき、この墓地には、ほかにもハリポタ登場人物の名前の元になったのでは? と思われる墓石がいくつもあるのです。

No image

左:エディンバラ城や旧市街地が見える美しい墓地、グレイフライアーズ・カークヤード。右:墓地には、ハリポタ・ワールドを感じさせるモチーフがちりばめられています。

No image

左:グレイフライアーズ・カークヤードの入り口付近にあるボビーの墓石。いまでもボビーが好きだった枝が墓前に供えられています。右:墓地の近くに、ボビーの銅像もあります。鼻周辺が変色しているのは、ボビーの鼻を触るとラッキーなことがあるという出所不明の噂が流れたためだそう。

ウィリアム・マクゴナガルは、「スコットランド最悪の詩人」といわれているそうで、お気の毒なことに墓石にも「Poor Poet」と書かれています。ミネルバ・マクゴナガルの名前はここからきたのでは、と想像されます。

ちなみに、ミネルバ・マクゴナガルのモデルになったといわれているのが、スコットランド人女性作家ミュリエル・スパークの著書『ミス・ブロウディの青春』の主人公ジーン・ブロウディ。こちらも、ハリポタ映画のマクゴナガル役の女優マギー・スミスが若き日に演じ、この役でアカデミー賞主演女優賞を獲得しています。

No image

左:ウィリアム・マクゴナガルの墓石。右:エリザベス・ムーディーと書かれた墓石も。

さらにマッド・アイ・ムーディーを思わせる、エリザベス・ムーディーと書かれた墓石。そして、なんといってもトマス・リドルの墓石があるのには驚きです。

リドルの綴りが小説と若干違うのは、「TOM MARVOLO RIDDLE」と「I AM LORD VOLDEMORT」のアナグラムを成立させるためだったのかもしれません。この1806年に亡くなった実在のトム・リドルさんのお墓には、特にハリポタ・ファンが多く訪れて写真を撮っていくそうです。

No image

ハリポタ・ファン巡礼の地のひとつとなっている、トマス・リドルの墓。

この墓地の裏手にある私立学校ジョージ・ヘリオット・スクールは、まるでホグワーツ城のような塔がそびえる校舎。さらに、この学校の生徒は全員、4つの「ハウス」のどれかに属するシステムというのも、ホグワーツ魔法魔術学校を思わせます。

Greyfriars Kirkyard
(グレイフライアーズ・カークヤード)
所在地 Greyfriars Place, Edinburgh EH1 2QQ

ローリングが執筆を行った3つの場所

No image

ローリングが初期のハリー・ポッター作品を執筆したカフェのひとつは、この建物の2階にありました。現在はスプーンという名前のレストランになっています。

No image

スプーンの店内。スタイリッシュな内装とカジュアルな美食で、地元では人気のレストランです。

さて、ローリングは初期のハリー・ポッター作品をエディンバラのいくつものカフェで執筆しましたが、そのなかでも一番よく使ったカフェが、ニコルソン・ストリートにあった義弟の経営するカフェ、ニコルソンズでした。

残念ながら、ニコルソンズはすでに姿を消し、経営者も代わって、現在はスプーンという名前のレストランになっています。

No image

スプーンの1階には、作者の写真入りの小さなプレートが掲げられています。

しかし、近づいてみると緑の壁に、「J・K・ローリングは、ハリー・ポッターの初期のチャプターのいくつかをこの建物の2階の部屋で書きました」という小さなプレートが掲げられています。

一部の報道では、貧しくて家に暖房がないためカフェで原稿を執筆した、などと言われたこともありましたが、本当の理由はぐずる娘をベビーカーに乗せて歩いているうちに眠ってくれたから、と後に本人がTVインタビューのなかで語っています。

No image

スプーンのすぐ近くには、墓地でも見かけたウィリアム・マクゴナガルが亡くなった家があります。

Spoon Restaurant
(スプーン・レストラン)
所在地 6A Nicolson St, Edinburgh EH8 9DH
http://spoonedinburgh.co.uk/

もうひとつ、ハリポタ・ファンが多く訪れることで有名なカフェがエレファント・ハウスです。こちらは、大きく「ハリー・ポッターの『誕生地』」とうたっています。

No image

エレファント・ハウスの外観。

The Elephant House
(エレファント・ハウス)
所在地 21 George IV Bridge, Edinburgh EH1 1EN
http://www.elephanthouse.biz/

そして数年後、ミリオンセラー作家となったJ・K・ローリングが、ハリー・ポッターの最終作の最後のチャプターを書き終えたのが、同じくエディンバラにあるホテル、バルモラルのグランド・スイートです。2007年1月11日のことでした。

この部屋にあるギリシャ神話のヘルメスの胸像には、ローリング自身のサインが記され、以来この部屋はJ・K・ローリング・スイートとも呼ばれています。

No image

ローリングが、ハリー・ポッターの最後のチャプターを書き終えたバルモラル・ホテル。

The Balmoral Hotel
(バルモラル・ホテル)
所在地 1 Princes St, Edinburgh EH2 2EQ
http://www.roccofortehotels.com/hotels-and-resorts/the-balmoral-hotel

このように街にいたるところに足跡が残る作家、J・K・ローリングは、2008年エディンバラ市からエディンバラ・アワードを受賞しています。この賞は、アート、ビジネス、科学と異なる分野から選抜された審査員の無記名の投票によって決定されるもの。エディンバラ市役所の中庭に記念の手形を見ることができます。

No image

左:エディンバラ市役所にあるローリングの手形。右:婚外の子を妊娠していることを隠した罪で、死刑に処されたもののその後生き返り、酒場を経営したという逸話の残るマギー・ディクソンズのパブ。「ほとんど首無しニック」のインスピレーションはここ? ともいわれています。

ハリー・ポッターはロンドン近郊サリーのダーズリー家に住んでいたという設定ですが、本のなかで明言はされていないものの、キングズ・クロス駅から北に向かうということで、ローリングの頭のなかには常にスコットランドが行き先としてあった、とインタビューで自身が語っています。

物語と作者と、深い結びつきのあるエディンバラは、ファンにとっては人気の観光地以上の意味深い場所かもしれません。

Edinburgh City Chambers
(エディンバラ市役所)
所在地 253 High St, Edinburgh EH1 1YJ

文・撮影=安田和代(KRess Europe)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

映画カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
山田孝之と長澤まさみ、キス寸前の初公開特報映像
『勝手にふるえてろ』は2017年ベスト!ヌードより官能的な濡れ場表現を見逃すな!
山田孝之×長澤まさみ キス寸前、笑顔と苦悩に満ちた特報公開
『Twitter』上で話題騒然! 「スターウォーズのフィギュアなのに月亭方正と松本人志にしか見えない」
透明感ありすぎ! ロバート秋山が “17歳の清純派女優” になりきる「クリエイターズ・ファイル」がツッコミどころ満載
  • このエントリーをはてなブックマークに追加