今こそ観たい!再評価高まる“東宝ニューアクション”が集結!

今こそ観たい!再評価高まる“東宝ニューアクション”が集結!

  • ぴあニュース
  • 更新日:2019/11/09

今日からラピュタ阿佐ヶ谷で特集上映「東宝ニューアクションの時代 ~和製ハードボイルド、男と女と車と銃と」がスタートする。1960年代後半から70年代なかばに製作された“東宝ニューアクション”と呼ばれる作品を上映。洗練された作品ばかりで“今こそ観たい”ラインナップが揃った。

日本映画は1960年代の前半をピークに動員が降下。テレビの普及によって映画人たちは“娯楽の王道”ではなく“映画館でしか観られないもの”を追求するようになった。新世代が台頭した新しい波“ヌーヴェルバーグ”、テレビでは放送できない過激な描写、そしてスタジオの外部に活動の場を求めた独立プロの映画たち。映画界は定番や安定を捨てて、新しい道を模索していた。

家族揃って楽しめる喜劇シリーズや怪獣映画を得意としていた東宝も例外ではなく、1960年代後半には社風に似合わぬクールでニヒルなアクション映画が次々に登場。それらは“東宝ニューアクション”と呼ばれ、今回の特集ではその中から8作品を上映する。

『狙撃』は加山雄三が孤独なスナイパーに扮してベテランの殺し屋と対決する様を描くハードボイルド活劇。『豹は走った』は亡命した大統領を狙う殺し屋と阻止しようとする刑事の攻防が描かれる。当時も現在も熱く燃える藤岡弘が主演の『野獣狩り』は名匠・木村大作の撮影が冴えわたるアクション映画の傑作だ。また、命がけのスピードレースを描き、映画ファンだけでなく全国の走り屋とヤンチャな若者に多大な影響を与えた名作『ヘアピン・サーカス』も上映される。

いずれの作品も定番映画の殻をブチ破ろうとする勢いがあり、再評価の声は高まっている。いずれも21時からの上映。年末年始の夜にじっくりと浸りたい映画ファン必見の特集だ。

「東宝ニューアクションの時代 ~和製ハードボイルド、男と女と車と銃と」
『狙撃』
『弾痕』
『白昼の襲撃』
『豹は走った』
『野獣都市』
『ヘアピン・サーカス』
『薔薇の標的』
『野獣狩り』
11月9日(土)から2020年1月19日(日)まで連日21時より上映
※12月27日(金)から1月5日(日)は休映
ラピュタ阿佐ヶ谷

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

映画カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ディズニー実写映画「ムーラン」の日本公開日が決定、ポスタービジュアルも到着
映画『すみっコぐらし』異例の大ヒットのウラにある「3つの誤解」
「この若者は何者!?」型破りな16歳・YOSHIが『My Way』を堂々熱唱
神田沙也加「アナ雪」監督と涙の再会「人生の分岐点」と感謝
沢尻エリカ、「薬物事件」で「松坂桃李ファンが大ショック」の理由!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加