阪神岩田、1型糖尿病患者へ「岩田稔基金」創設

阪神岩田、1型糖尿病患者へ「岩田稔基金」創設

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2017/12/07
No image

1型糖尿病患者と子どもたちと交流する阪神岩田

阪神岩田稔投手(34)が7日、東京都内でプロ野球人の社会貢献活動を表彰する「ゴールデンスピリット」の表彰式に出席した。大阪桐蔭高2年冬に1型糖尿病を発症しながら、阪神先発陣の一角として長年活躍。同時に1型糖尿病の啓蒙活動を続けてきた。同賞選考委員でもある巨人長嶋茂雄終身名誉監督から特別賞も授与され、「なかなかこういう活動を評価してもらえることはないので、素直にうれしいです」と笑顔を見せた。

岩田は同病患者との交流会などにとどまらず、09年からはNPO法人日本IDDMネットワークを通じ、1勝につき10万円を1型糖尿病研究基金に寄付。今季終了時点で自身プロデュースグッズの収益金も含め、計472万円の贈呈してきた。この日は「岩田稔基金」の創設も発表され、「どういう形で進めていくかはこれからですが、これをきっかけにいろんな方にこの病気を分かってもらえれば」と力を込めた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
名打者・篠塚和典氏が語る打撃の極意 イチローも使うバットの秘密、驚異の技術
楽天の今江がこども病院訪問 入院中の子供と交流「元気になってもらえるプレーを」
中心選手が続々、59人中47人が1軍でプレー 西武過去10年のドラフト査定
オリックス1位・田嶋が社会人ベストナイン プロ1年目の目標は「10勝」
大谷翔平のメディカル情報漏えいでMLB機構が調査開始と米報道
  • このエントリーをはてなブックマークに追加