【米ツア―初V一問一答】小平「今までで一番頭が真っ白」

【米ツア―初V一問一答】小平「今までで一番頭が真っ白」

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2018/04/17

RBCヘリテージ最終日(15日、米サウスカロライナ州ヒルトンヘッドアイランド、ハーバータウンGL=7099ヤード、パー71)首位に6打差の12位から出た小平智(さとし、28)=Admiral=が7バーディー、2ボギーの66と伸ばし、通算12アンダーで並んだ金シウ(22)=韓国=とのプレーオフも制して米ツアー初優勝を果たした。

--驚いているか

「ずっと日本でやっていただけなので、まさか(海外で)優勝するとは思っていなかった。本当にびっくりしています」

--緊張は

「ファイナルラウンドでプレーしている時はあまり緊張していなかった。最終組が上がってくるのを待っている時が一番緊張していた。(金)シウが2メートルくらいにつけてバーディーを取ると思ったけど、外したのでプレーオフになるなと思った。トップとの差がすごくあったので、トップ10に入って来週プレーしたいと思っていた」

--今日のラウンドは

「いいプレーだったと思うが、ボギー2つがもったいない。今日はそこに悔いが残る」

--緊張したのは

「最後のバーディーパットが一番緊張した。今までの優勝で一番、頭が真っ白になった」

--メジャーを目指すのか

「日本でずっと(松山)英樹を見ていた。すごい活躍をしていて、日本で一番上手い選手。ああいう選手になりたいと思っていた」

--ジャケットの着心地は

「普段はなかなか着ない柄なので、これを機に着たいと思います」

--松山英樹から学ぶことは

「英樹は飛距離もそうだが、マネジメント力がある選手。自分もそこを勉強してやっていきたい」

--周囲も驚くのでは

「(日本では)朝起きてびっくりすると思いますけど、それから携帯が鳴るのが怖いです」

--このコースで何が有利だったか

「僕が育った日本のコースと少し似ていて、林でセパレートされていて、ターゲットも取りやすかった。グリーンも芝も癖がなかった」

--リーダーボードは

「ずっと見てやっていたが、12番くらいでトップとの差が縮まってきた。17番でボギーを打って4位か5位くらいになっちゃうなと思って、最終ホールのグリーンで見たら単独2位だったのでびっくりした」

--今後は

「こんな急に(米ツアー出場資格が)手に入るとは。いろいろな試合に出られるので、これからスケジュールを組み立てていきたい」

No image

小平智・年度別日本ツアー成績

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

ゴルフカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
藍さん池ポチャも花添えた!?優作キャディーで宮里家の夢舞台
宮里優作「攻めていきたい」今季初国内戦へ意気込む
【日米首脳会談】さてスコアは? 安倍晋三首相がトランプ大統領とゴルフ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加