成田童夢がトリノ五輪後のどん底生活をテレビ初告白! 自己中心的だった過去を懺悔

成田童夢がトリノ五輪後のどん底生活をテレビ初告白! 自己中心的だった過去を懺悔

  • TVガイド
  • 更新日:2016/11/30
No image

テレビ朝日系で12月12日に放送される「しくじり先生 俺みたいになるな!!3時間スペシャル」(午後7:00、時間の異なる地域あり)に、トリノ五輪スノーボード・ハーフパイプ日本代表選手の成田童夢が登場。“自分の事しか考えず、無責任な行動を重ねて日本中から嫌われてしまった先生”として、「自分の事ばかり考えて周りの人から嫌われないための授業」を行う。

8歳からスノーボードを始め、“成田三兄弟”の長男として注目された成田。16歳で全日本スノーボード選手権優勝、17歳でワールドカップ優勝という輝かしい成績を引っ提げ、20歳の時にトリノ五輪出場を果たした。しかし、メダルを期待されながらも結果は大惨敗。それまでふざけたパフォーマンスや強気な発言を繰り返していたこともあり、日本中から大バッシングを受けることになった。

なぜ、そんなしくじりをやらかしてしまったのか。それは「自分の事に精いっぱいで周囲が全く見えていなかったから」だと成田は振り返り、どのようにして自分の事しか考えない人間となってしまったか、その歩みを赤裸々に明かしていく。

さらに、成田はトリノ五輪後の知られざるどん底生活をテレビで初告白。なんと人間不信に陥り、引きこもり生活を送っていたという。そんな成田が授業の最後に語るのは、五輪での手痛い経験を通して気付いた人生の教訓。生徒の中には、同じトリノ五輪に出場した元フィギュアスケート選手・村主章枝の姿もあり、感動に打ち震える場面も。果たして、成田が自らの言葉で送った真摯(しんし)なメッセージとは?

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

サッカー日本代表カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「非常に美しい試合」 CS観戦のハリルが金崎と関根、高木の動きを称賛
岡崎慎司は今、何を思う?ピッチ上からオフまで完全密着
岡崎がアジア国際MVP、年間最優秀ユースに堂安
桐生ら五輪銀メンバー、決勝直前「7センチ差」語る
ハリル監督、“無期限追放”を公言した金崎を評価 「かなり運動量があっていい」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加