参院選に向け... 立憲と国民が候補者1本化で覚書

  • テレ朝news
  • 更新日:2018/10/11

来年7月に予定される参議院選挙に向け、野党連携の動きが水面下で始まっています。立憲民主党と国民民主党が候補者の一本化などで覚書を交わしていたことが分かりました。

覚書は今月10日付で立憲民主党、国民民主党をはじめ、両党の支持母体となる連合の3者によって交わされたものです。当選者が1人の「1人区」について、与党対野党で一騎打ちの構図となるように「候補者の擁立の段階から1人に絞り込む調整が必要である」と書かれています。さらに、当選者が複数となる地域でも候補者が決まれば両党それぞれによる推薦・支援を行うといった内容が盛り込まれています。一方で、立憲幹部は「すべての複数区に候補者を立てる方針は変わっていない」と話していて、調整は入り口の段階にあるとの認識を示しています。

小泉元総理 参院選で野党「原発ゼロ」なら自民危い

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
詐欺グループの「受け子」が職務質問をきっけかに逮捕! 職質を受けた理由が情けない......
民主党「高校無償化」の結果「学校に行けない子ども」が増えている
「温泉に入っただけ」で男性が4年間も意識不明に その原因に「背筋が凍る」
『モダリーナのファッションパーツ図鑑』急きょ絶版に 読者から著作権侵害の指摘で
  • このエントリーをはてなブックマークに追加