姜尚中が「人生で初めて酔っ払った店」早稲田の“おでん”を紹介

姜尚中が「人生で初めて酔っ払った店」早稲田の“おでん”を紹介

  • AERA dot.
  • 更新日:2018/02/13
No image

おでん 志乃ぶ東京都新宿区西早稲田1-19-17/営業・17:00~22:20/休日・日祝(撮影/写真部・岸本絢)

著名人がその人生において最も記憶に残る食を紹介する連載「人生の晩餐」。今回は、政治学者・姜尚中さんの「おでん 志乃ぶ」の「おでん」だ。

【早稲田名物の絶品「おでん」の写真はこちら】

*  *  *

最初に志乃ぶに来たのは30年以上前、早稲田大学に通っていた頃です。学校が近くだったので友人と飲みに来たり、ゼミの担当教授を囲む会をしたりと青春の思い出がつまった店で、今でもふと訪れることがあります。

もともとおでんは大好きですが、ここの出汁は絶品です。あっさりと、しかし滋味に富んだやさしい口あたりで、具材を品よく引き立てます。とりわけ大根、がんも、たまごはうまみが凝縮されていて、こたえられません。最後は出汁も飲み干します。

おでんと枡酒の相性も抜群で、ついお酒がすすみます。じつは私が人生で初めて酔っ払ったのもこの店でした。泥酔して、今は亡き親友と高田馬場まで走って競争した覚えがあります(笑)。ここに来ると、そんな若かりし日の記憶がよみがえります。

当時は先代の「おかあさん」がいて、とてもよくしてくれました。今は代替わりしていますが、店内は昔と変わらず昭和の面影を残しています。志乃ぶでの心安らぐひとときは、私にとってかけがえのない時間です。

「おでん 志乃ぶ」東京都新宿区西早稲田1-19-17/営業時間:17:00~22:00/定休日:日・祝

(取材・文/佐藤裕美)

※週刊朝日 2018年2月16日号

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

お店カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
定食を頼めば生卵食べ放題! 永遠にTKGを食べられるシステムの「かつ楽」が天国すぎた
本家超えのラーメン二郎インスパイア店はあるのか? 調査10回目『肉汁らーめん 』
カフェやショップなど機能充実!資生堂から本来の美しさを取り戻すためのコミュニティスペースが誕生
【広島】二人の距離を縮める、デートにおすすめのお店12選
【関東】「いちごビュッフェ&アフタヌーンティー」おすすめ16選【2018】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加