無料で粗い画像を機械学習したAIがきれいに補完して拡大してくれる「Let’s Enhance」を使ってみた

無料で粗い画像を機械学習したAIがきれいに補完して拡大してくれる「Let’s Enhance」を使ってみた

  • GIGAZINE
  • 更新日:2017/11/13
No image

「縮小された画像を再度拡大すると、ドットが目立つ汚い画像になってしまう」という経験をしたことがある人は多いはず。粗い画像をきれいに復元することは簡単にはできないことですが、大量の画像で機械学習させたAIが粗い画像をきれいに復元してくれるという、「Let's Enhance」というWEBサービスを使ってみました。

Let's Enhance free online image upscale and enhancement with neural networks

https://letsenhance.io/

Let's Enhanceはトップページで画像をドラッグ&ドロップするだけで使用可能ですが、処理した画像をダウンロードするためにはログインが必要。画面右上の「Login」をクリックします。

No image

新しいアカウントを作成するために「Sign Up」をクリック。

No image

メールアドレスとパスワードを2回入力し、「Sign Up」をクリック。Facebookアカウントでログインすることも可能です。

No image

すると、「サインアップに成功しました!メールを確認してください」と表示されるので、登録したメールアドレスのボックスをチェック。

No image

Let's Enhanceからメールが届いているので、リンクをクリック。

No image

Let's Enhanceのページに移動して、「メールアドレスが確認されました、ありがとう」というメッセージが表示されればアカウントの作成は完了です。

No image

そんなわけで、さっそくLet’s Enhanceを使ってみます。「画像をドラッグ&ドロップするか、ここをクリックしてください」と書かれたアイコンをクリック。

No image

画像選択画面が開くので、加工したい画像を選んで「開く」をクリック。

No image

すぐに画像の加工が開始されます。

No image

加工済みの画像上にカーソルをのせると、「anti-jpeg」「boring」「magic」という3種類の加工パターンが表示されます。「anti-jpeg」をクリックして……

No image

「OK」をクリックすれば、加工された画像をダウンロードできます。

No image

加工前の元画像がコレ。

No image

「anti-jpeg」加工はJPEG形式で画像を圧縮した際に発生するブロックノイズを除去するというもので、元画像よりも風景写真などが多少きれいに変換されます。

No image

空のグラデーションを比べてみると「anti-jpeg」加工の効果が実感しやすく、上の元画像より下の「anti-jpeg」加工済みの画像のほうがより自然なグラデーションになっていることがわかります。

No image

他の加工を施した画像も見てみます。Let's Enhanceのページから今度は「boring」をクリックして……

No image

「OK」をクリックします。

No image

保存された画像を開くと、サイズが4倍に拡大された「boring」加工済みの画像が表示されました。「boring」加工はかなり広範囲で画像のぶれやノイズを除去しますが、あまり不自然過ぎる加工にならないよう、輪郭の周辺に少し曖昧さを残す加工となっているようです。

No image

元画像をPhotoshopで4倍に拡大した画像がこれ。「boring」加工済みの画像と比べてみると、木々や建物の輪郭がぶれていて、芝生の色合いもドットが目立つのがわかります。

No image

並べてみるとこんな感じ。左が元画像、右が「boring」加工済みの画像です。

No image

次は「magic」をクリックしてみます。

No image

「OK」をクリック。

No image

保存された画像を開くと、「boring」のときと同じく、4倍に拡大された「magic」加工済みの画像が表示されました。「magic」加工では、元画像のピクセルを4倍にした精緻な画像を作り出すことが可能で、機械学習によって得られたデータを基に元画像から消えてしまっている部分も復元可能とのこと。

No image

元画像と並べてみた画像がこれ。左側の元画像と比べると、「magic」加工の威力がよく実感できます。

No image

他の画像も加工してみます。馬面のマスクだと……

No image

このようになりました。左が元画像、右が「magic」加工済み。

No image

GIGAZINEのアクセス解析記事などのトップ画像でおなじみのmeraさんのイラストを「boring」加工するとこうなりました。左が元画像で右が「boring」加工済み画像。

No image

ちなみに、イラストを「magic」加工をすると輪郭のドットが強調され、「boring」加工よりも不自然になってしまいました。下の画像は左が「boring」、右が「magic」となっています。制作者によると「boring」はイラストやロゴ用、「magic」は写真用で使い分けたほうがいいとのこと。

No image

なお、Let's Enhanceは1日につき5枚までの画像しか加工することができませんが、Let's Enhanceのメールアドレスから直接画像の加工を申し込むことも可能。料金は5ドル(約565円)で10枚、10ドル(約1130円)で25枚、35ドル(3955円)で100枚の画像を一括で加工、メールで画像を送ってから30分で送り主のもとへ届くとのこと。月額4.99ドル(約563円)で毎月20枚の画像加工依頼が可能なプランもあり、請求書はメールで送られてくるそうです。どうしても今日中に大量の画像加工をしたい人は、有料版を利用するのもありかもしれません。

No image

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ZOZOTOWN、着て採寸する「ZOZOSUIT」を無料配布 伸縮センサー内蔵のボディスーツ
年間3900円のAmazonプライム会員は本当に得なのか?
耳を塞がず音楽を楽しむ新感覚のながらイヤホン「ambie」がビームスとのコラボモデルを発売
シリコンバレーで見たAIとIoTビジネスの未来【2】
Google Chromeで勝手にアプリが立ち上がるのを防ぐ方法
  • このエントリーをはてなブックマークに追加