松山英樹はパープレー、首位と1打差折り返し

松山英樹はパープレー、首位と1打差折り返し

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2017/08/15
No image

ギャラリーの前でショットを放つ松山英樹(AP)

<米男子ゴルフ:全米プロ選手権>◇第3日◇12日◇米ノースカロライナ州シャーロット・クウェイルホローC(7600ヤード、パー71)◇賞金総額◇賞金総額1050万ドル(約11億6000万円)優勝189万ドル(約2億800万円)

日本男子初のメジャー制覇を狙う世界ランク3位の松山英樹(25=LEXUS)は、首位タイから出た第3ラウンドを1バーディー1ボギーのパープレー、通算8アンダーで折り返した。

首位のケビン・キズナー(米国)とは1打差。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

ゴルフカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
丸山、松山を絶賛「底なしのどん欲さがゴルフの成績に出ている」
イ・ボミ「70歳なのに...」Vの裏に樋口久子氏マネ
松山英樹、練習で2種類のパターを使う理由 年間王者決定戦へ
「少し太った?」と言われる香妻琴乃。心身の改善でツアー初優勝は近い
丸ちゃん 遼にエール、入れ替え戦「十分戦える」 松山は「想像できない域に行った」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加