E-M1 Mark IIに新ファームウエア、E-M1Xの機能を多数盛り込む

E-M1 Mark IIに新ファームウエア、E-M1Xの機能を多数盛り込む

  • マイナビニュース
  • 更新日:2019/06/19
No image

オリンパスは6月19日、高性能ミラーレス「OM-D E-M1 Mark II」用の新ファームウエア「Ver.3.0」を公開した。オートフォーカスのアルゴリズムや解像感優先の画像処理、新アートフィルター「ネオノスタルジー」など、フラッグシップモデル「OM-D E-M1X」で採用された機能を多数搭載したのが特徴。アップデートは無料。

E-M1Xのおもな機能と、E-M1 Mark IIの新ファームウエア(Ver.3.0)で追加される機能の対比表は以下の通り。特にオートフォーカス周りが強化され、動く被写体への追従性能が写真・動画ともに高まったほか、鳥や動物の撮影に適したグループ25点のAFターゲットモードが加わったのが特徴。

画質面では、高感度ノイズを従来よりも1/3段分改善したほか、低感度撮影時は解像感を優先する画像処理機能を追加した。パソコンとUSBで接続し、内蔵の画像処理エンジン「TruePic VIII」を活用することで、RAW現像を大幅に高速化できるUSB RAW編集機能も新たに追加した。

○E-M1 Mark IIはキャッシュバックを実施

合わせて、E-M1 Mark IIとPROレンズを対象としたキャッシュバックキャンペーンも実施する。対象商品を期間内に購入し、製品登録とキャンペーンへの応募を済ませた人に対し、ギフトカードをキャッシュバックする。対象製品とキャッシュバック金額は以下の通り。キャッシュバック対象の購入期間は6月21日~9月30日。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
今年のAmazonプライムデーもベストセラーはEcho DotとFire TV Stickか
セブンペイ問題の根本要因。日本の悪習慣「ウォーターフォール」
超小型コンピュータ『ラズベリーパイ』とは。機能や価格、できることなど解説
発想は大人も顔負け!学生のプログラミングコンテストのスゴい作品傑作選
【Amazonプライムデー】Chromebookがなんだかわからなくてもポチっていいレベル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加