阪神・安藤が引退 虎一筋16年39歳右腕 今季1軍昇格なし

阪神・安藤が引退 虎一筋16年39歳右腕 今季1軍昇格なし

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2017/09/15

阪神の安藤優也投手(39)が今季限りで現役を引退することが14日、分かった。15日に兵庫県西宮市内で会見する。チーム最年長投手として若手の模範となっていた右腕が、虎一筋の現役生活に終止符を打つ。

No image

現役を引退することが分かった阪神の安藤

くしくも背番号と同じ16年間。タテジマの16番を背負い続けてきた男が、ついにユニホームを脱ぐことを決意した。今季は大きな負傷もない中でここまで1軍登板なし。昨季チームに復帰した藤川や桑原の台頭もあり2軍で結果を出しても昇格の声がかからない日が続いていた。9月中旬に球団側と話し合いの場を持ち現役を退く意向を固めたもようだ。

01年の自由獲得枠でトヨタ自動車から阪神入団。03年は右のセットアッパーとして51試合に登板し18年ぶりのリーグ優勝に貢献した。04年にはアテネ五輪にも出場。05年から先発に転向し、11勝5敗、リーグトップの勝率・688で2度目のリーグ優勝を味わった。10年から12年はケガに苦しんだが、13年から再び中継ぎに転向。抜群の制球力と熟練の投球術で、昨季まで4年連続50試合登板を記録した。

14日現在、ウエスタン・リーグでは28試合に登板し0勝0敗、防御率4・10ながら、気さくに若手に助言を送り、野球に取り組む姿勢もお手本となっており、温和な性格で人望も厚い。チームの大功労者だけに、球団側は今季の甲子園最終戦で引退登板の機会を用意する予定。「あれだけの功労者ですし、その方向で考えています」と球団関係者が明かした。現状では25日のDeNA戦だが今後、雨天中止などがあった場合は10月にずれ込む可能性もある。

派手なタイプではなく先発、中継ぎ問わずフル回転で支えてきた縁の下の力持ち。1学年上の福原(現育成コーチ)が昨季限りで引退するなど世代交代が進む中、猛虎の一時代を綾取った好投手が、また一人、甲子園を去る。

◆安藤 優也(あんどう・ゆうや)1977年(昭52)12月27日生まれ、大分県生まれの39歳。大分雄城台、法大、トヨタ自動車を経て01年ドラフト自由枠で阪神入り。05年は11勝をマークし、08年から3年連続開幕投手。13年以降は中継ぎで活躍した。通算485試合、77勝66敗、防御率3・56。1メートル84、99キロ。右投げ右打ち。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
広島連覇のカギはスカウトにあり「絶対誠也がいい」
すごくハミ出てます...... “カープ女子” 菜乃花、リーグ優勝をギリギリビキニで祝福!
「落ち着いて」...本塁打後に全力疾走の強打者、投手に制されスローダウン!?
松井秀喜氏、特別インタビュー(下) 高木京に贈る言葉、そして自身の今後
鷹バンデンハークが“4度目の正直”で札幌D白星「いい流れをCSに」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加