阪神望月に球団社長から成人お祝い「早く1軍で」

阪神望月に球団社長から成人お祝い「早く1軍で」

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2018/01/11
No image

阪神揚塩球団社長(左)から成人式の記念品を贈られる望月惇志(撮影・河南真一)

阪神望月惇志投手(20)が11日、兵庫・西宮市内にある球団事務所を訪れ、揚塩健治球団社長(57)から成人式記念品を授与された。昨年12月に腰部ヘルニアの手術を終え、現在リハビリを継続中。揚塩社長から「リハビリをしっかりして、自分の力を発揮してほしい」とエールを送られた。最速156キロを誇る直球を武器にする右腕は「1日でも早くケガを治し、1日でも早く1軍で活躍したい」と気持ちを新たにしていた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
イチロー、日本球界に復帰する“最適球団”は古巣でも地元でもなく...
2017年・プロ野球界の「省エネ投手」は誰?
異例! フットサル1部神戸が自らの判断で2部降格
地元・仙台で駆け抜けた7年間 愛された元楽天29歳の足跡
三田友梨佳、白鵬「かち上げ問題」への見事な講釈に安藤優子も脱帽!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加