日本との差はまだまだ大きい、マラソンで中国はどれだけ遅れている?―中国メディア

日本との差はまだまだ大きい、マラソンで中国はどれだけ遅れている?―中国メディア

  • レコードチャイナ
  • 更新日:2016/12/01
No image

29日、中国メディアは中国がマラソンで日本にかなわない理由について指摘したコラムを掲載した。資料写真。

2016年11月29日、中国メディア・騰訊(テンセント)は中国がマラソンで日本にかなわない理由について指摘したコラムを掲載した。

20日に埼玉県上尾市で開催された「上尾シティハーフマラソン」男子の部では196人が66分を切るタイムでゴールしたが、中国では今年66分を切るタイムを出した選手はおらず、過去2年までさかのぼっても2人しかいない。

日本が長距離走で中国に大きな差をつけている理由についてコラムでは、「日本のランニングブームは40年前から続いており、その火付け役は女性。ストレス解消のために走る主婦も多く、忍耐と精神力が問われるマラソンは日本女性に合ったスポーツと言われている。一方、中国の同世代の女性はストレス解消のために走る人は少なく、多くは広場舞(公園で中年女性らが集団でダンスを踊ること、またはそのダンス)に没頭しているのだ」と語っている。

このほか、中国の学校教育の不足や、レースの数が少なく注目度や普及率が低い現状を指摘し、「中国で健康意識が高まっているのに伴い、ランニングブームも拡大している。マラソンは中国人に人気のスポーツになりつつあるが、日本との差はまだまだ大きい」と結んだ。(翻訳・編集/内山)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

中国・韓国・アジアカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
衝撃だった!「日本は国土が小さく、人口も少ないのにこんなに発展していた」=中国
新たな「日英同盟」?英戦闘機が日本との共同訓練の帰途、南シナ海上空飛行=中国は不快感表明
中国高速鉄道の「輸入品説」は間違い、独自技術開発が成功の礎だ―元中国高官
CIAの文書が明かす、特殊能力を持つ人間の存在
韓国の地方都市に東京タワー並みの鉄鋼塔建設へ、各地の失敗例に続くかと懸念の声=「地震がすごく心配」「塔がないから観光客が来ないとでも?」

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

おすすめの特集

おもしろい・役立つ記事をピックアップ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加