最新ランキングをチェックしよう
超小型人工衛星を搭載した世界初の月面四足歩行探査機ロボット、スペースビット「ASAGUMO」

超小型人工衛星を搭載した世界初の月面四足歩行探査機ロボット、スペースビット「ASAGUMO」

  • @DIME
  • 更新日:2020/03/27

日本のことわざで福をもたらすとされる「朝の蜘蛛」から名付けられた探査機。
それがスペースビットの月面四足歩行ロボット『ASAGUMO』だ。
世界初の月面四足歩行ロボット「ASAGUMO」
ASAGUMOには、超小型人工衛星(キューブサット)が搭載されており、重量は1.3kg。太陽光を原動力とし、車輪や走行用ベルトは使用せず、クモの脚のような形をした四脚で歩行することが特長。このような形状により、従

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

サイエンスカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
韓国、コロナ追加対策 クラブなど「入店者名簿」
産業医大でクラスター 北九州市、 新型コロナ感染10日間で113人
歴史が教えてくれる新型コロナの意外な"終わり方"
日本人が知らない、コロナパンデミック長期化「3つのシナリオ」
ノーベル賞候補の医学博士が解説、コロナ予防に効く「手洗い、マスク」に次ぐ第3の習慣とは
  • このエントリーをはてなブックマークに追加