Arch/CentOS/Debian/Fedora/Manjaro/Ubuntu上位パッケージ、トップ5

Arch/CentOS/Debian/Fedora/Manjaro/Ubuntu上位パッケージ、トップ5

  • マイナビニュース
  • 更新日:2019/09/24
No image

Canonicalは9月19日(米国時間)、「Popular snaps per distro|Snapcraft」において、LinuxディストリビューションごとのSnapパッケージ人気トップ5を発表した。

比較対象として取り上げられているディストリビューションはArch Linux、CentOS、Debian、Fedora、Manjaro、Ubuntu。どのディストリビューションでもSpotifyがトップ5に入っており、人気の高いアプリケーションであることがわかる。

Spotify以外ではメディアプレーヤとしてVLC、コミュニケーションツールとしてSlackやSkype、WebブラウザとしてChromiumとFirefoxに人気があることがわかる。取り上げられているディストリビューションの中では、CentOSが他のLinuxディストリビューションと傾向が異なっており、コンテナ環境で利用するためのパッケージの利用が多いことがわかる。また、Ubuntuユーザーが再起動不要の運用を実現するためのLivepatchを多用していることも注目される。

CanonicalはLinuxディストリビューションの間で広く利用できるパッケージ管理システムとしてSnapを提供している。このように複数のLinuxディストリビューション間で共通で利用できるパッケージ管理システムが登場したことで、Linuxディストリビューション間のパッケージ傾向の違いなどが表示されるようになってきており興味深い。

Snapは既存のパッケージ管理システムが抱えている多くの問題を解決しており、次世代のデファクトスタンダードとして採用が進む可能性がある。Canonicalが主要支援元となるためUbuntu以外のLinuxディストリビューションでどこまで本格採用が進むか不透明だが、複数のLinuxディストリビューションで使用できるパッケージの存在は管理者やオペレータの面からもスキルの適用範囲を広げることができる点で価値がある。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
スーパー中学生誕生、プログラミング言語わずか数週間で開発、U-22プログラミング・コンテスト2019
「Wi-Fiのネットワーク名を変えてハッカーを挑発してみたら...」→その結果こうなった
もはや当たり前の装備に!1万円で買える最新ドライブレコーダー4選
スマートスピーカー所有者は「訪問者に警告を」、グーグル幹部発言
小さなクリップに秘められた数学思想? ケーブルの絡まりを解決する「Mobu」がまもなく終了
  • このエントリーをはてなブックマークに追加