シャオミのノートPC「Mi Notebook Pro」レビュー。第8世代 Core i5/7で約10万円の高コスパモデル

シャオミのノートPC「Mi Notebook Pro」レビュー。第8世代 Core i5/7で約10万円の高コスパモデル

  • Engadget
  • 更新日:2017/10/13
No image

ハイエンドながら低価格なスマートフォンで名の知れた中国Xiaomi。一時期は低迷していたものの最近はまたじわじわとシェアを伸ばしてきており、ベゼルレスなMi MIX2などでも存在感を示しています。

そんなXiaomiは2016年、AppleのMacbook Airを意識したとしか思えないMi Notebook Airをリリース。スマートフォン同様にハイスペックながら低価格を実現し、一部では話題となっていました。

シャオミ製ノートPCが世界展開しないと考える3つの理由:山根博士の海外スマホよもやま話

そして、今年9月、新モデルとなるMi Notebook Proを発表しました。ネーミングからしてMacbook Proを意識している製品です。

なおMi Notebook Proは中国のECサイトから提供を受けたもの。早速レビューしたいと思います。(機材協力:GearBest)

Mi Notebook ProにはCPUとメモリ違いで3モデルありますが、今回レビューするのは最下位のCore i5 RAM8GBモデルです。

仕様Mi Notebook ProMacBook Pro(15インチ)ディスプレイ15.6インチ15.4インチ解像度1920x10802880x1800CPUintel Core i5/i7(第8世代)intel Core i7GPUGeForce MX150Radeon Pro 555/560メモリ8GB/16GB LPDDR316GB LPDDR3ストレージ256GB256GB/512GBWiFi802.11 a/b/g/n/ac802.11 a/b/g/n/acBluetooth4.14.2バッテリ60Wh
連続使用時間約6~9時間76Wh
連続使用時間10時間重さ1.95Kg1.83KgインターフェースUSB Type-C x 2
USB Type-A x 2
HDMI x 1
SDカードスロット x 1
3.5mmオーディオジャックThunderbolt 3(USB-C) x 4
3.5mmオーディオジャック価格i5 8GB : 5599元(約9万5000円)
i7 8GB : 6399元(約10万9000円)
i7 16GB: 6999元(約11万9000円)256GB: $2399(約26万9000円)
512GB: $2799(約31万4000円)

15.6インチの大型ラップトップ Mi Notebook Pro

外観はほぼMackbook Pro。オーソドックスなデザインとも言えます。ディスプレイは15.6インチで大型のラップトップです。

No image

天板にはロゴなどもなくスッキリ。筐体はアルミ製で、フレームにはマグネシウムも使われています。安っぽさはなく、むしろ高級感さえあります。

No image

底面左右には、HARMAN Infinity製の2.5Wスピーカーを2基搭載。Dolby Atmosにも対応し、音質も良好です。

No image

正面向かって右側面にSDスロットとUSB Type-Cが2つ。右側のUSB Type-Cが充電ポートを兼ねています。左側面にはHDMIポートとUSB Type-Aが2つ(USB 3.0)、そして3.5mmジャック。

発表時には、USB Type-C(Thunderbolt 3)しかないMacbook Proと比べ、ポートの充実をアピールしていました。

No image

キーボードは19.5mmのピッチを確保。ストロークも程よく、とても打ちやすいキーボードです。ただし、右端列、EnterやBackspaceの右隣にファンクションキーがあるのはマイナス要素。気にならない人もいると思いますが、筆者はBackspaceとHomeの打ち間違えを頻発しています。

No image

タッチパッドは感圧式。軽いタップで反応し、物理的にクリックも可能です。2本指でスクロールするほか、3本指、4本指で操作するジェスチャー機能にも対応します。

タッチパッド右上には指紋センサを搭載。もちろん、Windows Halloで利用可能です。形状的につい指をスライドさせたくなりますが、タッチするだけで認識します。

No image

動作は快適。ただし解像度が物足りない

肝心の使い勝手ですが、キーボードの右端列を除けばこれといった不満はありません。仕様的にも第8世代のCore i5にRAM8GBで各アプリもストレスなく動きます。

ただし、15.6インチ ディスプレイの解像度はフルHD(1920 x 1080)に留まります。作業する上では十分な解像度とも言えますが、このサイズであれば2K、4Kの高解像度モデルがあっても良さそうです。

No image

▲発色自体は綺麗で見やすいパネルです

ベンチマーク

言葉だけでは性能が伝わりづらいので、参考までにベンチマークをとってみました。

ドラゴンクエストX ベンチマークでは、標準設定で8810。「とても快適」との評価です。

No image

3DMarkのGaming Laptop向けベンチマーク「Sky Diver」では10393という結果。

No image

グラフィックスにはGeForce MX150 (DDR5 2GB)を搭載しており、これが効いているようです。大抵の3Dゲームは快適にプレイできるのはもちろん、Photoshopなどの作業もストレスなく行えそうです。

まとめ

低価格なMacbook Proのクローンとして注目を集めがちですが、スペックもしっかりしており、使い勝手はよいと感じます。速いCPUと8GBのメモリ、独立したGPUを備え、WEBブラウジングはもちろん、文章書きやストリーミング動画の視聴、そしてカジュアルな3Dゲームまでそつなくこなせる端末です。

Xiaomiに限らず、この種の大型低価格端末は、他にもHUAWEIが近いスペックのMatebook Dをリリースしています。

ファーウェイ、価値がわかる玄人向けPC「MateBook D」発売。i7で9万円台の高コスパ

どちらも中国勢ではありますが、今後国内でも同様の端末が増えていく可能性はありそうです。

なお、Mi Notebook ProはGearBestから購入できますが、OSはWindows 10 Home 中国語版のみ。日本語表示、入力は問題ありませんが言語を日本語にしてもメニューなどはすべて中国語のままとなります。

No image

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
あおり運転の記録を残せる、1台のカメラで360度撮影できるドラレコ
BOSEの名作ラジカセ『AW-1』をレコードからMP3まで自由に聴けるようにした結果...
ASJ Research Memo(6):画期的な独自技術の開発を進める
大人のおもちゃ「アナルプラグ」をハッキングして第三者が自由にコントロール可能に
音質は杞憂でした。「Google Home Mini」発売前アンボックス&ファーストインプレッション!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加