錦織 西岡にストレート負け

錦織 西岡にストレート負け

  • tennis365
  • 更新日:2019/08/15
No image

ロジャーズ・カップの錦織圭 : 画像提供 ゲッティ イメージズ

男子テニスのW&Sオープン(アメリカ/シンシナティ、ハード、ATP1000)は14日、シングルス2回戦が行われ、第6シードの錦織圭は世界ランク77位の西岡良仁に6-7 (2-7), 4-6のストレートで敗れ、前週のロジャーズ・カップ(カナダ/モントリオール、ハード、ATP1000)に続き2週連続の初戦敗退となった。

>>西岡らW&Sオープン対戦表<<

>>西岡vsデミノー 1ポイント速報<<

上位8シードは1回戦免除のため、この日が初戦だった錦織は第3ゲームで2本連続のダブルフォルトのミスが影響して予選から勝ち上がってきた西岡にブレークを許す。その後、ウィナーを決めて徐々に本来の力を発揮すると、西岡のサービング・フォー・ザ・セットである第10ゲームでブレークバックに成功。

第11ゲームは15-40からサービスキープしたが、タイブレークの末に第1セットを落とす。

第2セット、第6ゲームで錦織は0-40とピンチを迎えるもサービスエースやフォアハンドのウィナーを決めるなどでサービスキープする。第7ゲームはブレークしたが、第8ゲームから3ゲームを連取され、力尽きた。

一方、勝利した西岡は3回戦で世界ランク38位のA・デ ミノー(オーストラリア)と対戦する。デ ミノーは2回戦で同42位のR・オペルカ(アメリカ)をストレートで下しての勝ち上がり。

「錦織圭 出場予定 男子テニスATPツアー マスターズ1000 シンシナティ」

【大会期間】
8/11(日・祝)〜8/18(日)※大会1日目無料配信 WOWOWメンバーズオンデマンドにて限定配信!
※大会1日目無料配信

■詳細・配信スケジュールはこちら>

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

テニスカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
メドベージェフが前回王者ジョコに勝利、ゴフィンとの決勝へ W&Sオープン
【企業分析バトル】TOKYO2020まで1年、スポーツ熱を感じる「ヨネックス」を選ぶ(早稲田大学)
マレー、BIG3時代を終わらせる若手3人を予見「2年後には何らかの変化が」
バド園田、嘉村組が三度目の正直へ 五輪切符へ勝負
桃田や「ナガマツ」が連覇に挑む、五輪前年のバドミントン世界王者は誰だ!?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加