ヘディング ホームラン

  • J-CASTニュース
  • 更新日:2017/08/10

アメリカ球界で24年ぶりに生まれた珍しいホームラン映像がネット上で拡散され、ちょっとした話題となっている。

ことが起きたのは7月(2017年)下旬、マイナーリーグのオクラホマシティ・ドジャーズ対リノ・エーシズの試合にて。オクラホマのアレックス・バーデュゴ選手が右翼に大きな飛球を放つと、これを2017年のWBCイスラエル代表メンバーでもあるリノの外野手、ザック・ボーレンスタインが半身で下がりながら、必死で追いかけていった。

しかし打球は無情にも、グラブを伸ばしたボーレンスタインの上を越えた――のではなく、ボーレンスタインの頭に当たると、大きく弾んで外野フェンスを越え、なんとスリーランホームランとなってしまった。

大リーグでは1993年、強打者として鳴らしたホセ・カンセコ選手がやはり外野への飛球を捕球してようとして失敗。ボールを頭に当ててホームランにした出来事があり、日本で言えば「宇野のヘディング」のように、ファンの語り草となっている。

当時のカンセコは外野フェンス手前のウォーニングゾーンまで下がっていたが、ボーレンスタインのポジションはゾーンの手前だった。打球が頭に当たったあとの飛距離や純粋な珍プレー度では今回のほうが上だとの評価も聞かれる。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
三本松(香川)日下 広太監督、初の日本独立リーグ出身指揮官として聖地へ!
元プロ野球選手・森本稀哲、スーパースター・新庄剛志に憧れ金銭感覚が崩壊
2000安打目前、阪神・鳥谷が打率.571の大当たり...17年第21週投打5傑【セ編】
「松井秀喜との対戦は面白かった」 名手たちが脳裏に刻む「名勝負」の記憶
野村ジェームス4強弾!花咲徳栄、埼玉勢初Vへ打倒・東海大菅生
  • このエントリーをはてなブックマークに追加