天皇陛下の“退位” 有識者の賛否分かれる

天皇陛下の“退位” 有識者の賛否分かれる

  • 日テレNEWS24
  • 更新日:2016/12/01
No image

天皇陛下の退位について話し合う有識者会議は、先月30日、専門家からのヒアリングを終えた。これをふまえ、来週から論点の整理を始める方針。

3回にわたってヒアリングした専門家16人のうち、ジャーナリストの桜井よしこ氏ら6人が退位に反対、もしくは慎重な考えを示したほか、古川隆久日大教授は、反対だが国民が認めるのであれば容認するとの考えを示した。

一方、石原信雄・元内閣官房副長官ら8人が、退位を容認する考えを示した。このうち石原氏ら3人が、今の天皇一代に限り退位を認める特例法を支持し、ジャーナリストの岩井克己氏ら3人が、皇室典範を改正するなどして、恒久的に退位を認める措置を支持した。

また、作家の保阪正康氏ら2人は、まずは特例法を制定したのち、皇室典範の改正を目指すべきとの考えを示した。

このほか、今谷明・帝京大学特任教授は「現状でしばらく様子を見るのがベスト」としている。

有識者会議は来週7日に次の会議を開き、論点の整理を始める方針。

動画の再生はこちら

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

政治カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
若狭議員 “除名”処分した自民都連を批判
安倍首相の真珠湾訪問、米国への「お詫び行脚」と酷評...米国の逆鱗に触れた首相が右往左往
「安倍首相は南京にも行きますか?」=記者からの質問に稲田防衛相は...―中国メディア
蓮舫氏、党首討論に初登場へ「カジノ法案」など追及
応援の区議除名処分決定、小池氏「私はまだ処分されていません」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加