元ジャパネット高田社長、長崎昇格に歓喜「生まれてきて良かった」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2017/11/12

◇明治安田生命J2第41節第1日 長崎3―1讃岐(2017年11月11日 トラスタ)

4月に就任した長崎の高田明社長(69)は満面に笑みを浮かべ、J1初昇格を喜んだ。

試合直後には「最高です。長崎がJ1に上がるっていうのがすごい。V・ファーレン長崎に関わるすべての人が頑張った。皆がやらないと、と本気になった結果。こういう場所に立ち会うことができて、生まれてきて良かったです」と囲まれた報道陣に歓喜の弁。

そして、胸に「J1」と大きくプリントされた昇格記念Tシャツを着こんでマイクの前に立ったホーム最終戦セレモニーでは「監督、選手、本当に頑張ってくれました」と労った後で「この勝利は監督、選手のみならず、ここにいらっしゃるサポーターの皆さん、きょう用事があって来れなかったファン・サポーターの皆さん、そして長崎県民の皆さん、そしてもちろんこのチームを支えていただいているスポンサーの皆さん、行政の皆さん、もちろん新しくなったV・ファーレン長崎の社員の皆さん、ボランティアの皆さん、申し上げれば数限りがないぐらいの皆さんの力の結集がきょうのJ1をもたらしたと思っております。皆様にこのような素敵な場所に立たせていただきますことを心より御礼を申し上げます」とクラブ、チームに関わるすべての人に感謝の言葉を贈った。

クラブは今年1月に約1億2000万円の最終赤字を計上する見通しであることが発覚し、当時の社長やゼネラルマネジャー(GM)ら取締役が退陣となるなど一時はクラブ存続すら危ぶまれた。だが、それまでもスポンサーだった通信販売大手「ジャパネットホールディングス」(長崎県佐世保市)が4月に筆頭株主となり、同社の創業者で肥筑方言訛りの甲高い口調で商品を紹介する「ジャパネットたかた」のテレビショッピングでお茶の間でもお馴染みの高田氏が社長に就任。自ら陣頭指揮に立ってチームを盛り立てた。

「私は社長になってまだ半年ちょっとでございます。振り返ってみればV・ファーレン長崎が出来上がった月日を数えてみたら十数年の月日がかかっていると思うんです。J2になりまして5年ですけれども、この歴史的瞬間はこのクラブができるにあたって長らくたくさんの方のお力を得て現在があることを皆さん忘れないようにしましょう。何事も一人の力ではできません。本当に先人の努力、そしてここにいらっしゃる皆様の努力、すべての皆さんの成果であるということを大事にしながら、さあ、もう切り替えましょう。あすからは次の試合、そしてJ1になったらどのようなクラブにしていくかという夢はどんどん階段を上って前へ前へと進んでいきますよ~?」

独特のあの口調でそうサポーターに語りかけた高田社長は「長崎の夢実現のために頑張っていくことを、この決意を皆様にお伝えしたいと思います」とJ1での躍進を宣言すると、最後に「お願いがひとつありますのは、帰りが大変に混雑しますので、お家に帰るまで気を付けてお帰りいただきますようにお願い致します」と語りかけて締めくくった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

Jリーグカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
横浜中沢「久々にへこみました」今季初4失点に猛省
川崎、鹿島の試合なしV阻止!シュートの雨で勝ち点3もぎ取った
サガン鳥栖J1ホーム通算50勝 成熟20周年記念試合
東京安間監督「流れ断ち切れてない」6戦連続未勝利
J2降格の新潟呂比須監督が辞意表明「自分の責任」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加