最新ランキングをチェックしよう
CTC、トイレの空き状況をリアルタイムに確認できる「IoTトイレ」を発表

CTC、トイレの空き状況をリアルタイムに確認できる「IoTトイレ」を発表

  • MdN
  • 更新日:2016/10/17

トイレのドアに設置したセンサー
伊藤忠テクノソリューションズ株式会社(CTC)は、トイレにセンサーを設置してリアルタイムに個室の空き状況を確認できるクラウドサービス「IoTトイレ」を開発したと発表した。
同サービスは、発電パネルと無線が内蔵されたセンサーを使用して個室トイレのドアの開閉状態を判断し、PCやスマートデバイスから空き状況を確認できるクラウドサービス。電源の確保や配線工事、サーバの設置な

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
BMW、次世代電動車用アーキテクチャを開発中...フルライン電動化が可能
TENGA史上初、電動モデル登場 「新次元の気持ちよさ」
家電はもう頭打ち? 量販店「ビッグ3」が進む業態変化の行く末
有名日本企業の海外での相次ぐ「撃沈」は、モデル転換の痛み―中国専門家
  • このエントリーをはてなブックマークに追加