CTC、トイレの空き状況をリアルタイムに確認できる「IoTトイレ」を発表

CTC、トイレの空き状況をリアルタイムに確認できる「IoTトイレ」を発表

  • MdN
  • 更新日:2016/10/17
No image

トイレのドアに設置したセンサー

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社(CTC)は、トイレにセンサーを設置してリアルタイムに個室の空き状況を確認できるクラウドサービス「IoTトイレ」を開発したと発表した。

同サービスは、発電パネルと無線が内蔵されたセンサーを使用して個室トイレのドアの開閉状態を判断し、PCやスマートデバイスから空き状況を確認できるクラウドサービス。電源の確保や配線工事、サーバの設置などが不要なため、小規模なオフィスでも簡単に導入することが可能で、ビルオーナーや管理会社を対象としている。

同社は2016年4月から7月までの間、三井不動産株式会社と共同で、霞が関ビル内のトイレで同サービス実証実験を行い、これを踏まえて、トイレに設置した機器について、長期間にわたる連続運用やセンサーの感度調整、データ送受信に関するプログラム改修などを行った。

同社は9月1日から社内の霞が関と大崎オフィスでIoTトイレを実際に利用してサービス品質の向上を図り、秋から三井不動産のオフィスビルやその他東京都内のオフィスビルなどの業務施設に向けて販売する予定だ。

No image

スマートデバイスで空き状況を確認できる

発表資料
URL:http://www.ctc-g.co.jp/news/press/20161017a.html
2016/10/17

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ボルボカーズ世界販売0.6%減---XC90 新型は好調 11月
【カジノ解禁法案】経済効果は年2.1兆円 参考は観光大国・フランス...200施設へ拡大も規模小さく
国の借金1062兆円 「国民1人当たり837万円」の誤解
47歳、勤続15年でも年収360万円。真面目に働いても年収が上がらない“稼げない病”とは?
町田市(の一部)、本当に神奈川県になる...ネタでもデマでもなく、本当の話です
  • このエントリーをはてなブックマークに追加