【MLB】トラウトが通算250本塁打 初回に144メートル特大弾

【MLB】トラウトが通算250本塁打 初回に144メートル特大弾

  • フルカウント
  • 更新日:2019/05/19
No image

エンゼルスのマイク・トラウト【写真:Getty Images】

本拠地ロイヤルズ戦で左中間10号ソロ

■エンゼルス – ロイヤルズ(日本時間19日・アナハイム)

エンゼルスのマイク・トラウト外野手が18日(日本時間19日)、9年目で通算250本塁打をマークした。本拠地・ロイヤルズ戦で「2番・中堅」でスタメン出場。初回の第1打席で左中間10号ソロを放ち、大台に到達した。

初回1死。2ボール2ストライクから右腕・ジュニスの高めへの91.8マイル(147.7キロ)直球を強振。左中間席へ消える10号ソロで先取点をもたらした。飛距離473フィート(144.1メートル)、打球速度113マイル(181.8キロ)、打球角度27度の特大弾だった。

473フィート弾はスタットキャスト導入された15年以降では同年7月8日の敵地ロッキーズ戦で477フィート(145.3メートル)を放って以来、自身2番目の特大アーチ。今季のメジャー全体では3番目の飛距離となった。

トラウトは12年から7年連続シーズン20発以上を記録している。(Full-Count編集部)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

MLBカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【MLB】名捕手モリーナ、“全身水色”コーデにファン驚き「どこでそれを手に入れるって?」
マエケン「父の日イベント」で長女と始球式参加
イチロー氏は特別な存在?米野球殿堂の館長が退任
【MLB】ボールが消えた!? イエリッチの痛烈約190キロ打球、フェンスの隙間をすり抜ける珍事
【MLB】打者・大谷翔平の躍動も想定内? 米テレビ局「スーパースターにとっては平常運転」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加