コインチェック「事業続ける」「仮想通貨の出金は安全を確認し次第」

コインチェック「事業続ける」「仮想通貨の出金は安全を確認し次第」

  • ITmedia NEWS
  • 更新日:2018/02/13
No image

「事業継続の意思がある」「仮想通貨の出金は安全を確認し次第」――仮想通貨取引所「Coincheck」を運営するコインチェックは2月13日、金融庁へ業務改善命令に係る報告書を提出したことを受け、東京都渋谷区の本社内エントランスで記者会見を開き、同社の大塚雄介取締役が現在の状況を説明した。

大塚氏は、今後も事業を継続することをあらためて強調。停止していた日本円の出金を13日に再開し、同日付で401億円の出金指示を完了したという。あす14日以降も順次進めていくとしている。

NEM以外の仮想通貨の売買や出金に関しては、外部のセキュリティ会社とネットワークとシステムの安全を確認し次第、再開する見込みだという。

流出したNEMを保有していた顧客への補償については「資金自体はある」「顧客の資金と会社資産をもともと分けていた」と明言。補償の時期は「確定しだい報告する」とした。

コインチェックは1月26日に、約580億円分の仮想通貨「NEM」を流出したと発表。29日には金融庁から資金決済法に基づく業務改善命令を受けていた。

NEMを奪った犯人は、匿名性の高い仮想通貨「DASH」や「ダークウェブ」と呼ばれる匿名性の高いネットワークを通じてNEMの換金を試みているとみられる。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
これからの自治体と外郭団体:固定観念を捨てるべき時期
アマゾンに対抗できる? 「イオン・SB・ヤフー共同ネット通販」の勝算
「軽自動車より中古ゼロクラウン」が経済的に賢い選択だと考える現実的な理由
どんなに隠しても金持ちの海外資産が国税にバレる新制度の中身とは?
仮想通貨で2億円儲けた学生「税金どうすれば......」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加