町田啓太『jam』で“善いこと貯金”続けるピュアボーイ役 本編映像公開

町田啓太『jam』で“善いこと貯金”続けるピュアボーイ役 本編映像公開

  • シネマトゥデイ
  • 更新日:2018/11/09
No image

にしてもかっこよすぎやしませんか - (C)2018「jam」製作委員会

劇団EXILEの面々が総出演する映画『jam』(12月1日公開)で“善いこと貯金”を続けるピュアボーイ・タケルを町田啓太が演じている。そんなタケルに注目した本編映像が公開された。

同作はアイドル演歌歌手のヒロシ(青柳翔)、意識不明の恋人の回復を信じるタケル(町田)、刑務所帰りのテツオ(鈴木伸之)の人生が交錯するストーリーとなっている。『天の茶助』などのSABUがメガホンを取っており、『淵に立つ』などの筒井真理子らも出演している。

公開された映像にはかなりのピュアさを持つ青年であるタケルが善行を繰り返し、恋人が意識を取り戻すことを願いながら必死に生きている様子が静かなトーンで映し出される。目をつぶったままの彼女の手にハンドクリームを塗ってあげながら、優しく話しかけるタケルの姿が涙を誘う。

町田は、現在放送中のドラマ「中学聖日記」(TBS系)では中学校教師の聖(有村架純)の婚約者・勝太郎役を、NHKの大河ドラマ「西郷どん」では島津家の家老・小松帯刀役を務めている。公式アーティストページのプロフィール欄によると「航空特殊無線」「陸上特殊無線」「ガス溶接」「危険取扱乙4類」の資格を持っているという。(編集部・海江田宗)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロフィールを見る

映画カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
PRマネージャーと映画監督 異色の兼業はなぜ実現できたのか?
篠崎誠が新作「共想」を披露、女優2人の演技に「泣きそうになった」
『英国スキャンダル』&『ボラット』のあの人が、『ボヘミアン・ラプソディ』フレディ役を降りた理由とは?
"メキシコ人として伝えたかった祖国のストーリー"『ナルコス:メキシコ編』ディエゴ・ルナ直撃インタビュー in シンガポール
ひらパー V6岡田映画に“便乗”で来園者“特盛り”
  • このエントリーをはてなブックマークに追加