【エ女王杯】ルージュバック終始リラックス 悲願のG1奪取に挑む

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2017/11/15

「エリザベス女王杯・G1」(12日、京都)

2年ぶりの京都にやって来たルージュバックは11日、馬房に収まると、青草を口にするなどリラックス。柄沢助手は「すごく落ち着いていて良かった」とホッとした表情。

2年前のエリザベス女王杯は4着も、約半年ぶりの実戦で「それに比べたら、今回は順調に来ています」と臨戦過程に自信を見せる。名手ムーアを背に、悲願のG1奪取に挑む。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
【衝撃】450年前の地図に「UFOを手にしたマーメイド」がハッキリ載っていた! 陸地には身長3~4mの「パタゴニアの巨人」も!
元小結旭鷲山「あの部屋の人を殴ったのが間違い」騒動は貴乃花親方の“異質さ”
なぜ?米国を訪れた韓国人85人が入国を拒否される=韓国ネットからは「拒否されて当然」の声
2018年は「巨大地震頻発」の年に、地球物理学者らが警告
ふなっしー「テレビ出演しない理由」に称賛集まる
  • このエントリーをはてなブックマークに追加