最下位ケルンが新GM招へい、優勝経験者フェー氏に再起託す

最下位ケルンが新GM招へい、優勝経験者フェー氏に再起託す

  • AFPBB News
  • 更新日:2017/12/07
No image

ドイツ・ブンデスリーガ1部、ケルンのゼネラルマネジャーに就任したアルミン・フェー氏(2015年10月30日撮影、資料写真)。

【AFP=時事】ドイツ・ブンデスリーガ1部で最下位に低迷するケルンは6日、監督としてリーグ優勝経験のあるアルミン・フェー氏をゼネラルマネジャー(GM)に招へいした。2007年にVfBシュツットガルトを優勝に導いた56歳は、2020年6月までの契約にサインしている。

ケルンは3日にペーター・シュテーガー監督を解任しており、フェー氏にとっては、現在1部自動残留となる15位から11ポイント離されているチームの立て直しが任務となる。

2015-16シーズンにフランクフルトの監督を途中解任されたフェー氏は、「ケルンのプロジェクトに取り組む機会を得られて喜んでいる。この伝統的なサッカークラブで何かを起こす。これは大きなチャレンジであるのと同時に大きなチャンスだ」とコメントしている。

フェー氏はVfLボルフスブルク、ハンブルガーSV、フランクフルトなどで監督を務めてきたが、10年以上前にシュツットガルトで成し遂げたリーグ優勝が唯一のタイトルとなっている。

第14節を終えて未勝利のケルンは、暫定的にU-19チームを率いるシュテファン・ルーテンベック氏が3週間指揮を執ることが決まっている。【翻訳編集】AFPBB News

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
レアル 総力戦でCWCに挑む
本田がクラブW杯初出場&勝利に持論を展開 「こんなに内容がどうでもいい大会はない」
長友、3番手降格危機も辛辣な伊メディアが高評価 「一番最高のプレーを見せていた」
EL32強のカード決定! 香川のドルトムントはアタランタと、酒井のマルセイユはブラガと激突
レアルが初練習=クラブW杯サッカー
  • このエントリーをはてなブックマークに追加