船大工が広めた、物の形を写し取るシンプルな工具「ティック・スティック」の使い方

船大工が広めた、物の形を写し取るシンプルな工具「ティック・スティック」の使い方

  • 小太郎ぶろぐ
  • 更新日:2019/11/22

もともとは船大工が使用し、普及させ、何世紀にもわたって使用されてきたというシンプルな工具「ティック・スティック」の使い方解説。

ティック・スティックの形や大きさは色々あるけれど、ある一点を指し示す形状であるのが基本。

写し取りたい形の内側に型紙を置き、複数の角を指し示した状態のティック・スティックを縁取り、型紙とティック・スティックを元にタイルなどに写し取るだけ。

シンプルな道具で目的を果た

外部サイトで読む

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加