最新ランキングをチェックしよう
キスされた赤ちゃんが2ヶ月も入院 命の危険もある「身近で恐しい病」とは

キスされた赤ちゃんが2ヶ月も入院 命の危険もある「身近で恐しい病」とは

  • しらべぇ
  • 更新日:2019/06/16

(MIXA next/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)その柔らかい肌へのキスや頬ずりは愛情の表現。ところが、それが原因となって赤ちゃんが入院を要する恐ろしい感染症にかかる可能性があることをご存知だろうか。水泡を伴った赤い発疹が皮膚に現れたら要注意である。 ■皮膚のタダレかと思ったら英国サウスヨークシャー州のバーンズリーに暮らす21歳の新米ママはある日、生後1ヶ

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
“美の黄金比率”持つ世界で最も美しい女性
意外!「クレーム対応」の最後に絶対言ってはいけない言葉
面接の質問「前職の退職理由は?」への答え方
「私、彼氏がいるのに...」女を虜にする男が、デートの帰り際に発した一言とは
12星座【いたしません】あるある 蟹座は「共働きいたしません」蠍座は「浮気いたしません」!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加