最新ランキングをチェックしよう
キスされた赤ちゃんが2ヶ月も入院 命の危険もある「身近で恐しい病」とは

キスされた赤ちゃんが2ヶ月も入院 命の危険もある「身近で恐しい病」とは

  • しらべぇ
  • 更新日:2019/06/16

(MIXA next/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)その柔らかい肌へのキスや頬ずりは愛情の表現。ところが、それが原因となって赤ちゃんが入院を要する恐ろしい感染症にかかる可能性があることをご存知だろうか。水泡を伴った赤い発疹が皮膚に現れたら要注意である。 ■皮膚のタダレかと思ったら英国サウスヨークシャー州のバーンズリーに暮らす21歳の新米ママはある日、生後1ヶ

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【ダイソーずぼらシュラン】気持ちいいだけではないので要注意「ポイントローラー ボディー用」
母親の母子手帳を見たら「まさかのメモ」が... その内容に女性は絶句
マジかこれ:池袋「サンシャイン60ビル」屋上にオープンするアトラクションが高所恐怖症を殺しにきている件 / 地上231メートルを滑走...だと?
ぱいぱいでか美、胸元のジッパーを開ける動画に驚き 「直視できない...」
いじめっ子の親には"内容証明郵便"を送れ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加