最新ランキングをチェックしよう
ゲーム脳の最終形態「FPS脳」がヤバすぎる! 脳が縮み、うつ病・PTSD・アルツハイマー病リスクを爆アゲ!(最新研究)

ゲーム脳の最終形態「FPS脳」がヤバすぎる! 脳が縮み、うつ病・PTSD・アルツハイマー病リスクを爆アゲ!(最新研究)

  • TOCANA
  • 更新日:2017/08/11

画像は「Thinkstock」より引用
 一昔前、ゲームをプレイすることで脳が認知症患者のような状態になるとする「ゲーム脳」という言葉がマスメディアで盛んに報じられた。当時の教育者に支持されたこともあり、世の親御さん方も子どものゲーム使用時間を制限するなど、社会現象にまでなったが、後に様々な研究者から批判に遭い「疑似科学」と認定されてからは、急速に衰退していった。

■シューティングゲームが引き起

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

サイエンスカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
火星は軽く、深く、そしてムラがあった
南果歩 代替療法決断後押しした「小林麻央さんと同じ主治医」
60秒で傷を完全にふさぐ。外科手術用接着剤が開発される(国際研究)
金やプラチナ大量生成 中性子星合体の重力波観測で
〝インチキ治療〟さえ見過ごされる日本のがん対策の現状
  • このエントリーをはてなブックマークに追加