最新ランキングをチェックしよう
ゲーム脳の最終形態「FPS脳」がヤバすぎる! 脳が縮み、うつ病・PTSD・アルツハイマー病リスクを爆アゲ!(最新研究)

ゲーム脳の最終形態「FPS脳」がヤバすぎる! 脳が縮み、うつ病・PTSD・アルツハイマー病リスクを爆アゲ!(最新研究)

  • TOCANA
  • 更新日:2017/08/11

画像は「Thinkstock」より引用
 一昔前、ゲームをプレイすることで脳が認知症患者のような状態になるとする「ゲーム脳」という言葉がマスメディアで盛んに報じられた。当時の教育者に支持されたこともあり、世の親御さん方も子どものゲーム使用時間を制限するなど、社会現象にまでなったが、後に様々な研究者から批判に遭い「疑似科学」と認定されてからは、急速に衰退していった。

■シューティングゲームが引き起

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

サイエンスカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「カーリングのストーンはなぜ曲がるのか?」という何百年も続いた謎を研究者らが解明
新emojiにDNAの二重らせんにサイエンス警察がお怒り
汚染水をワンステップで飲み水に変えるグラフェン膜、豪研究チームが開発
SpaceXのスターマンが地球に落ちてくる可能性は6%──コーネル大学
難治性神経変性疾患「アレキサンダー病」の原因分子を発見
  • このエントリーをはてなブックマークに追加