最新ランキングをチェックしよう
ゲーム脳の最終形態「FPS脳」がヤバすぎる! 脳が縮み、うつ病・PTSD・アルツハイマー病リスクを爆アゲ!(最新研究)

ゲーム脳の最終形態「FPS脳」がヤバすぎる! 脳が縮み、うつ病・PTSD・アルツハイマー病リスクを爆アゲ!(最新研究)

  • TOCANA
  • 更新日:2017/08/11

画像は「Thinkstock」より引用
 一昔前、ゲームをプレイすることで脳が認知症患者のような状態になるとする「ゲーム脳」という言葉がマスメディアで盛んに報じられた。当時の教育者に支持されたこともあり、世の親御さん方も子どものゲーム使用時間を制限するなど、社会現象にまでなったが、後に様々な研究者から批判に遭い「疑似科学」と認定されてからは、急速に衰退していった。

■シューティングゲームが引き起

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

サイエンスカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
天体衝突による火星隕石の放出メカニズムを解明 - 千葉工大
【衝撃】人体を透視する“X線視覚”をもつ超能力ロシア美少女・ナターシャの謎! 体内の異常を次々的中、日本人大学教授も驚愕
二次元物質「グラフェン」が永久機関になる可能性がガチ浮上! “夢の新素材”がフリーエネルギー時代をもたらす!(最新研究)
【ガチ】脳に情報を直接注入する方法が発見される! サルでの実験は成功(最新研究)=米
安全、低コストの軟骨再生治療法、臨床応用の最終段階に
  • このエントリーをはてなブックマークに追加