内田篤人の2835日ぶり復帰戦飾れず...鹿島、ACL初戦はホームでドロー

内田篤人の2835日ぶり復帰戦飾れず...鹿島、ACL初戦はホームでドロー

  • ゲキサカ
  • 更新日:2018/02/15
No image

[2.14 ACLグループリーグ第1節 鹿島1-1上海申花 カシマ]

AFCチャンピオンズリーグ(ACL)は14日、グループリーグ第1節を行い、2年連続8回目のACL出場となる鹿島アントラーズはホームで上海申花(中国)と対戦し、1-1で引き分けた。

鹿島は8シーズンぶりに復帰したDF内田篤人が今季公式戦初戦で先発出場。右サイドバックに入り、鹿島での公式戦出場は10年5月12日のACL決勝トーナメント1回戦・浦項戦(カシマ)以来、2835日ぶりとなった。今季、東京Vから加入したDF安西幸輝も左サイドバックで移籍後公式戦初先発を飾った。[スタメン&布陣はコチラ]

いきなり出ばなをくじかれた。上海申花は前半4分、MFツァオ・ユンディンの左CKからこぼれ球をMFリー・ポンがシュート。これはクロスバーを直撃したが、跳ね返りを拾ったFWオバフェミ・マルティンスが右サイドからクロスを放り込むと、GK曽ヶ端準のパンチングが弱くなり、MFジョバンニ・モレノが頭で押し込んだ。

1点を追う展開となった鹿島も直後の前半5分、内田が果敢なオーバーラップから右サイドをドリブルで駆け上がるが、クロスは上げられず。同6分には安西の左クロスを受けたFW鈴木優磨が左足ボレーで狙ったが、至近距離でDFのブロックに阻まれた。

一進一退の攻防が続く中、徐々に流れを引き寄せていく鹿島は前半30分、モレノのハンドによりPA手前中央の絶好の位置でFKを獲得。MF遠藤康が左足で直接狙ったが、惜しくもGKの好セーブに阻まれた。このプレーで獲得した右CK。遠藤のキックをニアでFWペドロ・ジュニオールがそらし、DF昌子源がヘディングで合わせたが、わずかにゴール左へ外れた。

勢いづく鹿島は前半35分、内田のアーリークロスから鈴木がヘディングシュートを放つが、クロスバーの上へ。終盤は完全に敵陣内に押し込んでゲームを進めたが、1点を取り切れず、前半は0-1のまま折り返した。

それでも後半立ち上がりに試合を振り出しに戻した。後半6分、PA内から立て続けにシュートを放つと、鈴木のシュートをGKが前に弾いたボールが遠藤の体に当たって跳ね返り、そのままゴールネットを揺らす。1-1の同点に追いついたが、その後は膠着状態となり、後半24分、最初の交代カードで遠藤に代えてMF土居聖真を投入した。

上海申花は後半31分、途中出場のMFワン・ユンのスルーパスにマルティンスが反応。ゴール前に抜け出し、決定的なシュートを打ったが、曽ヶ端が鋭い反応で弾き出した。マルティンスの突破をDF植田直通と昌子の2人で止めるなど粘り強いディフェンスで2点目を許さず、ホームで勝ち越しゴールを目指す鹿島。後半37分からは安部に代わってMF中村充孝が左サイドに入るが、同40分、中村のシュートもGKの好守に阻まれ、ゴールならず。試合はそのままタイムアップを迎え、1-1で勝ち点を分け合った。

(取材・文 西山紘平)

●ACL2018特設ページ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

Jリーグカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
五輪の観客に紛れる「ホワイトフレンズ」とは誰?
ウォール・ストリート・ジャーナル
浦和 開幕戦へ“堀のカーテン”強化、お得意FC東京に油断なし
[新人戦]大津の1年生MF樋口が九州決勝で先制弾!地元・宮崎開催の大会で計3発
渡部暁人スキー接触の不運、独3選手に苦戦も予想
「Jリーグ王者の実力が...」韓国メディアは蔚山現代vs川崎戦をどう報じたのか
  • このエントリーをはてなブックマークに追加