「NHK受信料制度は合憲」最高裁が判決、支払い強制「立法裁量として許容される」

「NHK受信料制度は合憲」最高裁が判決、支払い強制「立法裁量として許容される」

  • 弁護士ドットコム
  • 更新日:2017/12/06
No image

最高裁判所

NHK受信料制度の合憲性などが争われた訴訟で、最高裁大法廷(裁判長・寺田逸郎長官)は12月6日、双方の上告を棄却し、受信料制度は「憲法に違反しない」との判決を言い渡した。支払い義務の強制は、表現の自由のもと、知る権利を充足するものとして、立法裁量として許容されるとした。

【おすすめ記事:ビジネスホテルの「1人部屋」を「ラブホ」代わりに――カップルが使うのは違法?】

このほか、争点になっていた「支払い義務の発生」や「消滅時効の進行」のタイミングについては、消費者の承諾がない場合、判決確定で契約が成立するとし(1)受信設備設置時からの支払い義務が生じる、(2)消滅時効は判決確定から進行する、と判断している。

この裁判は、NHKが受信料の支払いを拒んだ都内の男性に対して起こしたもの。

男性側は、受信料の支払いを義務とするなら、憲法が保障する「契約の自由」に違反するなどと主張。対するNHKは、国家や企業から独立した、豊かな報道のためには受信料制度による安定した財源が不可欠と正当性を主張していた。

(弁護士ドットコムニュース)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
警察に捕まる人が続出?韓国人が日本の道路で困惑するもの=韓国ネット「地獄のよう」「見た瞬間、怒りが...」
神戸製鋼グループのコベルコ教習所で“手抜き講習” 受講者2万3千人が補講や追試へ
劇薬の入ったポリタンク500個が散乱 関越道で事故
ショック!あの元アイドルが「大人の男性向け派遣サービス店」で窃盗していた
男性を監禁・暴行・殺害、無理やり糞尿飲ませる
  • このエントリーをはてなブックマークに追加