VWの電動SUV、車名は「ID.4X」か...ID.3との同時テストを目撃

VWの電動SUV、車名は「ID.4X」か...ID.3との同時テストを目撃

  • レスポンス
  • 更新日:2019/08/26
No image

VW ID.4X(左)とID.3(右) のプロトタイプをスクープ

もっと画像を見る

VWが開発を進める電動車ブランド「ID」第1弾となるハッチバック『ID.3』、および第2弾のクロスオーバーSUV『ID.CROZZ』プロトタイプが同時にテストをおこなう様子を、カメラが初めて捉えた。

「ID.3」(開発車両ナンバーGF06742)は、『ゴルフ』セグメントに属するコンパクトEVだ。アーキテクチャにはIDファミリーで共有する「MEB」(モジュラー・エレクトリックドライブ・マトリックス)が採用される。

WLTPモードにおいて、330~550kmの航続を実現する3種類のバッテリーから選択可能で、発売記念車「1STスペシャルエディション」には、航続420km(WLTP)のミディアムサイズのバッテリーが搭載されると発表されている。ワールドプレミアは9月フランクフルトモーターショーと予想されており、ファミリー第1弾として2020年から発売される。

No image

一方初のクロスオーバーSUVとなる「ID.CROZZ」(開発車両ナンバーH06432)は、同様の「MEB」を採用し、『ティグアン』より大型で『ティグアン オールスペース』よりコンパクトなボディサイズの電気クロスオーバー・クーペSUVだ。

パワートレインは、前後車軸に1基ずつ、合計2基の電気モーターを搭載、最高出力は300ps以上を発揮、1回の充電で310マイル(500km)の航続を可能にし、150kWの急速充電器により30分で最大80%の充電を完了すると予想される。

どちらもカモフラージュが重く、フロントビューでは2台の区別が付きづらいかもしれないが、リアビューから見ると、ID.CROZZのSUVシルエットが顕著だ。

ID.CROZZのワールドプレミアは2020年後半と予想されており、市販型には『ID.4X』という車名が有力候補とされているようだ。

No image

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
都会派SUVの元祖、トヨタ ハリアー が7年ぶりモデルチェンジへ...3列7人乗りも登場か
ソフトバンク幹部が「やっぱり......」 楽天の携帯本格参入が遅れた理由
軽くてクッション性抜群!HOKA ONE ONEのランナー向けスニーカー「RINCON」
「格安スマホ」で急成長したあのベンチャーは、なぜ倒産したのか?
熾烈な「第3のビール」市場、勝負の鍵は若者の消費動向の変化
  • このエントリーをはてなブックマークに追加