あなたのSNSが、誰かの「買いたい」を生み出す。/バーバラ・ソルティシンスカ[MASHING UP]

あなたのSNSが、誰かの「買いたい」を生み出す。/バーバラ・ソルティシンスカ[MASHING UP]

  • cafeglobe
  • 更新日:2018/02/13
No image

お気に入りのレストランで、ランチの写メを撮り、決められたハッシュタグをつけてSNSに投稿。それを見たフォロワーの反応によって、報酬が得られる——。だれもが広告塔になり得るそんなサービスを提供するアプリが、世界中で話題を呼んでいます。アプリの名前は、Indahash(インダハッシュ)。創設したのは、ポーランドの女性起業家、バーバラ・ソルティシンスカ(Barbara Soltysinska)。

Indahashは、商品やサービスを宣伝したい企業と、SNS上で影響力のあるインフルエンサーたちをつなぐデジタル・プラットフォーム。このプラットフォームを通して、企業は何十万人というインフルエンサーたちに瞬時にアクセスでき、インフルエンサーたちのSNS投稿を通して、さらに何千万ものフォロワーたちに広告コンテンツを届けることができるしくみです。

2016年1月のローンチ以来、Indahashはコカコーラやマクドナルド、ユニリーバ、ロレアルといった名だたる企業と提携し、1000以上の広告キャンペーンを展開してきました。同年6月には専用アプリを公開し、今やインフルエンサー登録数は、世界70カ国、総勢33万人以上に。さらには、独自の仮想通貨IDHによる報酬の支払いをスタートし、注目を集めました。

広告代理店でキャリアをスタート

Indahashの共同創設者でCEOでもあるバーバラ・ソルティシンスカは、ポーランドの名門、ワルシャワ大学でマーケティングを学び、さらにSWPS人文社会大学で教育学の博士号を取得したあと、大手広告代理店で最初のキャリアをスタートさせました。あるとき、Youtuberの友達に頼まれマーケティングを手伝ったことがきっかけで、ポーランドの人気Youtuberを束ねて広告収益の管理などを行うLifetubeを立ち上げます。わずか3年足らずで、Lifetubeはヨーロッパで最大規模のマルチチャンネルネットワークに成長しました。

誰もが知る有名人やセレブリティではないけれど、SNSで多くのフォロワーに支持されている。そんな影響力のある「中間層」の人々が広告塔になるというインフルエンサー・マーケティングに大きな可能性を見出したバーバラは、さらなる挑戦のためにLifetubeを売却。弱冠28歳でIndahashを立ち上げます。InstagramやSnapchatなど、マーケティングと相性のいいソーシャルメディアの人気も後押しし、Indahashのサービスは瞬く間に世界中に広まりました。

これまで、バーバラは優れた起業家に贈られる「EY entrepreneur of the year」や「Man of the Year」をはじめ、国内外の数多くの賞を受賞しています。そのパワーの源について、「素晴らしい人びとと、新しいことを始める。その情熱こそが私のモチベーションです」と語っています。

憧れはディズニープリンセス

ここまで読むと、完璧すぎて近寄りがたい女性リーダー像を思い描いてしまう人も多いでしょう。ですが彼女のインスタグラムをのぞいてみると、30歳らしい等身大のスナップが並びます。

また、イギリスのwebマガジンMy Little Black Bookの取材では「憧れの女性のスタイルは?」との問いに、「ディズニー映画のプリンセスたちよ! 成功している野心的なビジネスウーマンだからって、おとぎ話に恋していてはいけない、なんてことはないでしょ」と答えるなど、茶目っ気のある少女のような一面も。

2018年1月には平昌オリンピックで聖火リレーの走者もつとめ、バーバラは今まさに「時のひと」。軽やかに、でもスピーディーに踏み出す次のステップは、一体どんな方向に向かうのか。時代を切り拓く彼女から、2018年も目が離せません。

No image

Running with the Olympic Flame and attending Olympic Torch Relay in Seoul was one of the most touching moments in my life. I am extremely grateful to everyone in our group (very inspiring people) and the absolutely outstanding Samsung team who gave me this opportunity. Pierre de Coubertin created the olympic motto, "Faster, Higher, Stronger. The most important thing in the Olympic Games is not to win but to take part, just as the most important thing in life is not the triumph but the struggle. The essential thing is not to have conquered but to have fought well.” #dowhatyoucant #samsung #olympictorchrelay #pyongcheng2018
Barbara Soltysinska さん(@basia_soltysinska)がシェアした投稿
1月 8, 2018 at 12:33午前 PST
from Instagram

バーバラ・ソルティシンスカ氏登壇! 多様性を考えるカンファレンス・イベント「MASHING UP」開催迫る

分野を超えたつながりが、社会を変える新たな化学反応を生み出すMASHING UPは、誰もが強くしなやかに活躍できる社会創出を目指すビジネスカンファレンス。全ての参加者が新しいインスピレーションを得、次の一歩を踏み出し、ビジネスや働き方に役立つ化学反応を促します。

今年のテーマは『Unleash Yourself (自分自身を解き放とう)』。ジェンダー、年齢、働き方、健康の問題......。わたしたちのまわりにある見えない障壁を、多彩なセッションやワークショップを通じて解き明かしていきます。

MASHING UPは、ただいま参加者募集中。カフェグローブ特別割引【2日間チケット18000円→14000円】あり。チケット購入ページでプロモーションコード【MASHcafe】をご入力ください。これからの社会に向けて自分自身を解き放ちたい皆さん、ぜひともご参加を。Unleash Yourself!

No image

LinkedIn,Indahash,My Little Black Book

Women's Empowerment Global Conference 「MASHING UP」

日程:2018年2月22日(木)・23日(金) /会場:トランクホテル 東京都渋谷区神宮前5-31  /企画:MASHING UP実行委員会、株式会社メディアジーン、mash-inc. /MASHING UPサイト:https://mashing-up.mediagene.co.jp/

チケット購入はこちらまで。カフェグローブ特別割引【2日間チケット18000円 → 14000円】に! ※上記チケットお申込みページでプロモーションコード【MASHcafe】をご入力ください。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
佐々木希を夜の浅草に連れ出したら、神々しいまでに可愛くて辛くなった
池袋東口が“巨乳女子の聖地”に
時間返せ!三菱東京UFJ銀行が社名変更するも思わず二度見
【ガチ】うつ病の人は「鬱語」を話していることが言語分析で判明! 「絶対に~」「必ず~」を連発する人は危険!?
宇野昌磨は“例外”? 記者が「二度と取材したくない!」と叫ぶアスリートを実名暴露
  • このエントリーをはてなブックマークに追加