20歳以下最強イレブン発表

20歳以下最強イレブン発表

  • スポルト
  • 更新日:2017/11/14
No image

世界で最も注目される20歳以下の選手

英国の『Four Four Two』誌が世界で最も注目される20歳以下の選手のリストを発表した。

上位11名の中にランクインしているスペイン代表はバレンシア所属のDFラトのみであるが、現在ジローナに所属するドウグラス・ルイス(シティからジローナへ移籍)も“理想の11名”に入っている。また11位以下にランクインしているスペイン人選手には、カルレス・アレニャ(バルサB)、アレハンドロ・ポソ(セビージャ・アトレティコ)がいる。

“理想の11人”は以下の通り。

1.ドンナルンマ(ミラン)
16歳にして既にミランのトップチームのメイン選手であるドンナルンマは、ブッフォンの後継者と言われている。

2.ムバッペ(PSG)
ムバッペのモナコからPSGへの移籍は、サッカーの史上第二番目の高額移籍だった。
PSGではネイマールやカバーニと共に欧州で最も恐れられるトリデンテを形成している。

3.ラッシュフォード(マンチェスター・ユナイテッド)
数年前にルイ・ファン・ハールに才能を見込まれて以来、ラッシュフォードはモウリーニョ監督のユナイテッドとイングランド代表に無くてはならない存在だ。代表チームでは既に14回試合に出場している。

4.プリシッチ(ボルシアドルトムント)
アメリカ代表のプリシッチはドルトムントの下部組織に所属している。優秀なウィングの特徴を兼ね備え、16歳でトップチームデビューしている。

5.キエーザ(フィオレンティーナ)
2シーズン前に対ユベントス戦でトップチームデビューし、右サイドでの活躍ぶりで注目を集めた。U-21の大会ではおなじみの選手である。

6.ハフェルツ(レバークーゼン)
このミッドフィルダーは優れたフィジカルと才能を持っている。また得点力も高く、元チェルシーのミヒャエル・バラックとも比較される。

7.ドウグラス・ルイス(ジローナ)
シティからジローナへ移籍したこの選手はまだリーガに出場はしていないが、英国においては申し分のない活躍をしていた。

8.デ・リフト(アヤックス)
バルサが注目している選手でもある。強靭な体を持つミッドフィルダーで、技術とスピードを有する。ここ数か月でアヤックスの先発の座を確立してきた。

9.アレクサンダー=アーノルド(リヴァプール)
クロップ監督にとってダイヤモンドのようなこの選手は、現在アンフィールドで日々成長を続けている。ディフェンスも攻撃も得意とする。

10.ロカテッリ(ミラン)
MFロカテッリとGKドンナルンマの組み合わせはミランの新時代を告げているかのようだ。プレースタイルやフィジカル面がブスケツと似ているとも言われている。

11.ラト(バレンシア)
理想の11人にランクインした唯一のスペイン代表選手である。同じポジションで活躍する選手にはジョルディ・アルバやホセ・ルイス・ガヤがいる。

■関連記事:“守護神”同士の熱い友情

■関連記事:独占 スペイン代表監督が語る

■関連記事:離脱イスコ ダービー出場へ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
イブラ、驚異の回復力。モウリーニョが招集認める。ポグバ&ロホもメンバー入り
監督が記者に「黙れ!」4連発の“ブチ切れ会見”が話題 英メディア「史上最高の激怒か?」
航空機墜落事故のシャペコエンセ、ブラジル1部残留決定
靴ひもを自由に通せる画期的な新スパイクをプーマが発表
関東大学サッカー運命の最終節、1部残留争いは三つ巴、2部では早稲田が“勝てば天国負ければ地獄”
  • このエントリーをはてなブックマークに追加