レアルに続きバルサからゴールの柴崎...スペイン紙「彼はどこまで行くんだ」

レアルに続きバルサからゴールの柴崎...スペイン紙「彼はどこまで行くんだ」

  • ゲキサカ
  • 更新日:2017/09/17
No image

[9.16 リーガ・エスパニョーラ第4節 ヘタフェ1-2バルセロナ]

MF柴崎岳が再び世界を震撼させた。ヘタフェは16日、リーガ・エスパニョーラ第4節でバルセロナとホームで対戦。4試合連続スタメンの柴崎は前半39分に先制ゴールを奪い、リーガ1部初得点を挙げた。スペイン『アス』では昨年12月のクラブW杯決勝レアル・マドリー戦での2ゴールを引き合いに出し、柴崎を賞賛している。

その時が訪れたのは前半39分。味方からの落としにPA手前やや左の柴崎が反応すると、ボールの落ち際を左足で叩く。鋭くドライブがかかったシュートをゴール右に突き刺し、リーガ1部初得点を記録した。

この衝撃のスーパーゴールにスペイン『アス』の英語版ツイッター(@AS English)も反応している。当時のレアル戦以後の記事を再掲し、C・ロナウドらと映った鹿島時代の写真とともに「クラブW杯でレアルを引き裂いたのと同じ人物」とツイート。さらに「テネリフェは昨季に彼を獲得した。ヘタフェは彼をリーガ1部にアップデートさせた。次の行き先?誰にも分からない」とコメントした。

レアルに続いてバルセロナから得点を挙げた柴崎は、現地でも大きなインパクトを残したに違いない。

●海外組ガイド

●リーガ・エスパニョーラ2017-18特集

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
バルサとコウチーニョの個人契約がリーク...リヴァプールとの交渉経緯も暴露
気になるのは「やっぱりエスパルス」...順天堂大DF村松航太、プロ入り目指しボランチ挑戦も
先発の大迫は好機逸で不発...ケルン、好調ハノーファーとドローで連敗ストップ
堂安、開幕以来の先発で勝利に貢献! シュートが決勝点につながり今季2勝目
メッシ、マークについた若手DFの健闘称える。「マンCから来たの? 何歳?」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加