高橋克典、黒柳徹子の“運命の人”に...『トットちゃん!』で故・飯沢匡さん役「とても光栄です」

高橋克典、黒柳徹子の“運命の人”に...『トットちゃん!』で故・飯沢匡さん役「とても光栄です」

  • TV LIFE
  • 更新日:2017/11/12
No image

(C)テレビ朝日

俳優の高橋克典が、黒柳徹子の半生を描いたテレビ朝日系帯ドラマ劇場『トットちゃん!』((月)~(金)後0・30)に劇作家の故・飯沢匡さん役で出演することが分かった。11月23日(木・祝)放送の第39話に登場する。

飯沢さんは、NHK専属女優だった黒柳を一躍人気者にしたラジオドラマ『ヤン坊ニン坊トン坊』の脚本を担当。黒柳の才能を見出し、女優人生を切り拓くきっかけを作った。黒柳にとってはまさに“運命の人”だ。劇中でも、徹子(清野菜名)を同作に抜擢。それまで個性的な演技をディレクターたちから叱られ、番組を降ろされてばかりだった徹子が「わたし、自然にやりますので。普通にやりますので。歌も勉強しますし、しゃべり方もちゃんとしますから」と申し出ると、ある言葉を投げかけて深い感銘を与える。

高橋の出演は、その演技力を高く評価していた黒柳たっての熱望で実現。高橋は「黒柳さんの人生を変えたキーマン、飯沢匡さんを演じさせていただきとても光栄です。劇中では少しだけの出演ですが、黒柳さんの人生にとって大切な方なので、大事に演じさせていただきました。黒柳さん役の清野菜名さんは、その透明な目に強い力を感じました」と撮影を振り返り、「黒柳さんには今度お会いした時に、飯沢先生のお話を聞かせていただきたいです」と語っている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロフィールを見る

テレビカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
『久保みねヒャダ』元旦に3カ月ぶり地上波復活! 年末イベントの模様を放送
2020年のNHK大河ドラマで主役にして欲しい歴史上の人物TOP3 1位は立花宗茂...って誰!?
新SMAP「新しい地図」、強力な“助っ人”の登場で一気に露出度高める可能性! 業界注目のしたたか戦略とは?
石橋貴明の「マジギレぶり」に、視聴者ドン引き!?
『陸王』竹内涼真がTwitterでネタバレ! ドラマの鍵握る「シューズ」写真が炎上寸前!?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加