楽天もフリマアプリで出品時に住所など確認へ メルカリは年内義務化を発表

  • 産経ニュース
  • 更新日:2017/10/13

楽天が運営する2つのフリーマーケットアプリが住所や氏名、生年月日などを利用時に確認する方向で検討を進めていることが12日、分かった。最大手のメルカリは同日、従来は不要だった初回出品時の住所や氏名の登録の年内義務化を発表。フリマアプリは出品の容易さから利用者を急激に伸ばしてきたが、盗品とみられる出品など不正な事例が相次いでおり、本人確認を強化する動きが広がっている。

楽天が本人確認を義務付けるのは、メルカリに次いで国内でダウンロード数の多い「フリル」と「ラクマ」の2つのフリマアプリ。今後は、メルカリと同様に初出品時の住所、氏名、生年月日の登録を義務化する方針。ただ、時期は未定としている。

一方、ヤフーが平成11年から運営し、フリマアプリと同様に個人間で商品などを売買するインターネットオークションサービス「ヤフオク」では、不正出品などの対策がフリマアプリに比べて先行している。商品を送らないなどの詐欺行為や不正な出品が相次いだことを受け、13年から出品時にクレジットカードや代金受取口座などの登録を義務付けている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
テルモの医薬品工場 機械に上半身挟まれ男性死亡
元若島津の二所ノ関親方 命別条なし 頭部緊急手術受けるも...
【報ステ】寒い!東京都心 79年ぶりの冷え込み
赤信号をわざと無視 時速100キロで事故 19歳少年
「ニュース見てないんか」「息子やろが」 東名追突死亡事故、デマ拡散で無関係企業に嫌がらせ 暴走する“ネット私刑”の恐ろしさ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加