動きのある被写体の撮影時に歪みを抑えるタムロンの光学30倍ズームのカメラモジュール「MP2030M-GS」

動きのある被写体の撮影時に歪みを抑えるタムロンの光学30倍ズームのカメラモジュール「MP2030M-GS」

  • @DIME
  • 更新日:2019/06/24
No image

タムロンは、法人向け製品として、グローバルシャッターCMOSセンサーを搭載した光学30倍ズームのカメラモジュール「MP2030M-GS」を発売した。価格はオープン。

本製品は、動きの速い被写体を捉える交通監視や、カメラが動いて被写体を捉える大型UAV(無人飛行機)での撮影時に被写体の歪みを抑え、光学30倍で様々な画角の映像を、Full HD対応の良質な画質で記録することが可能なカメラモジュール。

一般的なカメラモジュールは、撮像素子に「ローリングシャッターCMOSセンサー」を使用しているため、被写体が速いスピードで移動する場面や、カメラが動いて被写体を捉える場面において、被写体映像に歪みが発生しやすいが、本製品では速い動体を撮影する場合や、カメラが動いて被写体を捉える場合でも、歪みの少ない映像が得られる「グローバルシャッターCMOSセンサー」を採用。

No image

左が「ローリングシャッターCMOSセンサー搭載カメラモジュール」撮影イメージ、右が「グローバルシャッターCMOSセンサー搭載カメラモジュール」撮影イメージ

さらに、長年にわたり蓄積された光学技術を集結し、光学30倍ズームレンズ、Full HD対応といった高スペックを追求。設置環境や使用目的に合わせた画角を選ぶことができ、セキュリティ市場で主流の1920×1080ピクセル、フレームレート60 fpsの高画質デジタル映像出力が可能だ。

製品情報
https://www.tamron.biz/

構成/立原尚子

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【ホンダ N-WGN 新型】進化したホンダセンシング...夜間歩行者と飛び出し自転車の検知性能
今年のAmazonプライムデーもベストセラーはEcho DotとFire TV Stickか
無線マウス乗っ取る脆弱性「MouseJack」消滅せず、ファームウェアの更新を
超小型コンピュータ『ラズベリーパイ』とは。機能や価格、できることなど解説
二重振り子が光の軌跡を描く不思議なおもちゃ「カオスメーカー」がMakuakeでクラウドファンディングプロジェクトを公開
  • このエントリーをはてなブックマークに追加