楽天・則本、復活の完封!貫禄11勝で次はタカ狩り

楽天・則本、復活の完封!貫禄11勝で次はタカ狩り

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2017/08/13
No image

完封勝利を挙げ、ナインとタッチを交わす(左)=撮影・北村雅宏

「オリックス0-7楽天」(12日、京セラドーム大阪)

エースの貫禄だった。楽天・則本は悠然とオリックス打線を4安打と手玉に取り、今季2度目の完封勝利。前回登板の西武戦(メットライフ)で6回を今季ワーストの6失点で降板した右腕は、中9日で完全復活を遂げた。

「きょうはコントロールが良かったし、テンポ良く、強気のピッチングがバッテリーでできました」と納得の表情。「この前は気持ちが入りすぎていました」と力みでバランスを崩した前回マウンドの反省から、投球スタイルを修正した。この日スタメンマスクの足立のアドバイスもあり、緩急を使ってスコアボードに0を並べた。

則本にとって「全体の球種の5%にすぎない」というカーブを効果的に駆使。フォークに頼りすぎない配球で打者の目線を惑わせた。それでいて直球は最速156キロ。九回にも155キロを計測する余力を見せ、最後までマウンドを守った。

長いシーズン、則本ほどの投手でも壁にぶつかる。与田投手コーチは「中9日はひとつの“賭け”だった。全力で行き過ぎるとどうなるのか、入り込みすぎるとどうなるのか分かったと思う」と復調した右腕にうなずいた。このローテ再編は、ひとまず吉と出た。

次回は中6日で19日のソフトバンク戦に臨む。息を吹き返したエースが、鷹との直接対決へ態勢を整えた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
甲子園ベストナインを発表!編集部が選ぶ9人は?
巨人・山口俊投手の事件で注目された中日・森繁和監督の発言
【ヤクルト】真中満監督が退任発表前にくれたメッセージ
広島鈴木誠也が右足首骨折判明!痛すぎる4番の離脱
元木大介、広陵・中村と早実・清宮を比較「何かを持っている」のは...?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加