最新ランキングをチェックしよう
住民ゼロからの再出発、1000人の「生きる」意志と選択とは

住民ゼロからの再出発、1000人の「生きる」意志と選択とは

  • 東北復興新聞
  • 更新日:2016/10/20

福島第一原発周辺の市町村で避難指示の解除が続いており、来年3月に向けてその動きはさらに加速していく見通しだ。7月12日に解除された福島県南相馬市。市の推計では、対象地域に再び居住する住民の数はこれまでに1000人超に達し、登録数に占める割合は10%を超えた。先行して指示が解除された市町村よりも高い割合だ。再生に向けて強い思いを抱き奮闘する住民らの声から、まちの未来を考えた。
帰還率10%超、生活イ

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
車同士の事故にバイクが追突 ライダー死亡 関越道
30人が“宙づり”に...USJで人気コースター緊急停止
大文字焼きがLED照明に 「やめてしまえ」「これも時代の流れか」
砂浜に埋められた“炭”で小2男子が両足をやけど 「二度と同じ事故が起きて欲しくない」と家族・旅館が注意喚起
ビル30階建て相当のすごい船「ちきゅう」が一般公開!見学者9000人を募集中
  • このエントリーをはてなブックマークに追加