最新ランキングをチェックしよう
住民ゼロからの再出発、1000人の「生きる」意志と選択とは

住民ゼロからの再出発、1000人の「生きる」意志と選択とは

  • 東北復興新聞
  • 更新日:2016/10/20

福島第一原発周辺の市町村で避難指示の解除が続いており、来年3月に向けてその動きはさらに加速していく見通しだ。7月12日に解除された福島県南相馬市。市の推計では、対象地域に再び居住する住民の数はこれまでに1000人超に達し、登録数に占める割合は10%を超えた。先行して指示が解除された市町村よりも高い割合だ。再生に向けて強い思いを抱き奮闘する住民らの声から、まちの未来を考えた。
帰還率10%超、生活イ

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
欧米ではあり得ない、頭が悪すぎる日本の大臣
佳子さまの英名門大学留学に冷ややかな英国のネット住民
常磐線車内で「立小便」 ツイッター「放尿写真」に騒然
関口宏 闘病妻のために決断した“世田谷御殿”解体売却
山辺節子容疑者「7億円集めた62歳」のエグすぎる“余罪”を暴露
  • このエントリーをはてなブックマークに追加