ヴェンゲル、サンチェス放出濃厚と認める。「契約を延長することはなさそう」

ヴェンゲル、サンチェス放出濃厚と認める。「契約を延長することはなさそう」

  • フットボールチャンネル
  • 更新日:2018/01/13
No image

アーセナルのアレクシス・サンチェス【写真:Getty Images】

アーセナルのアーセン・ヴェンゲル監督は、同クラブに所属するチリ代表FWアレクシス・サンチェスが今季末までとなっている契約を延長する可能性は低いと認めた。英メディア『スカイ・スポーツ』などが伝えている。

サンチェスはアーセナルとの契約が今年6月までで満了。移籍金が発生するこの冬の移籍市場のうちに他クラブへ移籍する可能性が取りざたされており、マンチェスター・シティやマンチェスター・ユナイテッドが特に有力な移籍先候補とみられている。

MFメスト・エジルやMFジャック・ウィルシャーも同様にアーセナルとの契約満了が迫っており、この冬の去就が注目されている。ヴェンゲル監督はエジルとウィルシャーについては契約延長への期待を口にする一方で、サンチェスに関しては別だと認めている。

「エジルが残る可能性はまだある。非常にオープンな状況だ。サンチェスは契約を延長することはなさそうだが、ジャックは引き留めたいと思っている。エジルについても引き留められるチャンスはおそらくあるだろう」とヴェンゲル監督は語った。

サンチェスがアーセナルとの契約を延長しないのであれば、この冬に他クラブへ移籍するか、契約を終えてフリーでアーセナルを退団するかのどちらかとなる。シティへの移籍が合意したとも報じられていたが、アーセナルの要求する移籍金を支払うことにシティが難色を示しているとの報道もある。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
エル・シャーラウィ、独複数クラブが興味を示す。ローマ通算86試合で26ゴール
サンチェスのマンU移籍の鍵を握る選手とは? 代理人が「彼の決断次第」
大金を稼いだのに破産...米スポーツ選手の“異常”な金銭感覚
ロナウジーニョが37歳で現役引退...代理人の兄が発表「これで終わり」
前代未聞のドーピング事件から考える「勝利の呪い」と依存症の恐怖
  • このエントリーをはてなブックマークに追加