最新ランキングをチェックしよう
米税制改正への懸念はあるものの、再びドル高円安へ

米税制改正への懸念はあるものの、再びドル高円安へ

  • ZUU online
  • 更新日:2017/11/14

金曜日の海外時間には、一旦ドル売りが強まりましたが、米長期金利が上昇したことなどからドル円は買い戻されました。◆金曜日の海外市場欧州時間序盤、米長期金利が上昇したことからドル買いが優勢となって、ドル円は113.60円台まで上昇し、ユーロドルは1.1620台まで下落しました。しかし各国株価が下落する中米長期金利が伸び悩む展開となるとドル売りが強まって、ドル円は113.30円台まで下落し、ユーロドルは

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
トヨタ社長、景気アンケートに回答しない理由...上場大企業とマスコミの「新密度データ一覧」
自販機の商品をキャッシュカードで 伊藤園が開発
アメリカでも批判噴出。メイド・イン・ジャパンを誇れなくなる日は近い?
3月21日閉店の「伊勢丹松戸店」 感謝セールが始まったら「激混み」に!
パナソニック、巨額投資に回収不安か
  • このエントリーをはてなブックマークに追加