駅にいたワケは“同級生待ち伏せ” 祖父母殺傷事件

駅にいたワケは“同級生待ち伏せ” 祖父母殺傷事件

  • テレ朝news
  • 更新日:2018/11/09
No image

動画を見る(元記事へ)

埼玉県で80代の夫婦が死傷した事件で、逮捕された15歳の孫が事件後に駅にいた理由について「同級生を待ち伏せするつもりだった」という趣旨の供述をしていることが分かりました。

警察は先月、祖母(82)を殺害しようとしたとして逮捕した中学3年の少年について、祖父(87)を殺害した疑いで9日午後にも再逮捕する方針です。捜査関係者によりますと、少年は事件後に通学で使う東武東上線の川越駅にいた理由について、「同級生を待ち伏せするつもりだった」という趣旨の供述をしていることが分かりました。これまでに少年は「学校で許せない生徒がいて殺すつもりだった」「家族を全員、殺してから実行しようと思った」などと話していました。警察は少年が駅で夜を明かすうちに殺意を失っていったとみて、事件の経緯を慎重に調べています。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
地下鉄の駅に刃物を振り回す男! 線路に発火物! そのとき、東京メトロの対応は
韓国に「断交」を求める過激な声も 元徴用工訴訟で日韓関係は歴史的局面に
後藤田正純衆院議員が結婚詐欺で訴えられた
10年間取引のない預金が来年1月以降「休眠預金」へ!防止策は?通帳記帳すればOK?
ひたちなか市長選が告示 新人2人の戦い、18日投票
  • このエントリーをはてなブックマークに追加