オタク女子の赤裸々な浪費エピソード収録「浪費図鑑」人気の同人誌が書籍化

オタク女子の赤裸々な浪費エピソード収録「浪費図鑑」人気の同人誌が書籍化

  • ナタリー
  • 更新日:2017/08/10

劇団雌猫による単行本「浪費図鑑 ―悪友たちのないしょ話―」が、本日8月10日に刊行された。表紙イラストは「あげくの果てのカノン」の米代恭が描いている。

No image

「浪費図鑑 ―悪友たちのないしょ話―」

No image

「浪費図鑑」は、もぐもぐ、ひらりさ、かん、ユッケのアラサーオタク女子4人によるサークル「劇団雌猫」が、2016年12月に発表した同人誌「悪友 vol.1」を書籍化したもの。「インターネットで言えない話」をテーマに展開される「悪友」では、匿名のオタク女子たちによるそれぞれの思いや苦悩がまとめられている。

「浪費図鑑」には、同人誌版で人気の高かったエピソードの一部がアップデートして収録され、新規エピソードも掲載。「あんさんぶるスターズ!」や、同人誌、若手俳優、声優、宝塚、お笑いなど、さまざまなジャンルにお金を費やすことを惜しまない女子が、それぞれの思いの丈を綴っている。

また「トクサツガガガ」で知られる丹羽庭が、“ン十年前の特撮作品”にハマったエピソードを描き下ろしたエッセイマンガや、自身もアイドルオタクとして知られる振付師・竹中夏海のインタビューも登場。「悪友 vol.1」のヒットを記念したトークイベント「集まれ浪費女!High&浪費ナイト」のレポートも掲載された。日本全国のオタク女子1848人から、お財布事情について回答が寄せられたアンケートも注目だ。

発売にあわせ、同書の試し読みやTwitterに投稿された感想ツイートをまとめた特設サイトもオープン。また店舗別の購入特典として「ジャンル別オタク用語辞典」が用意され、三省堂書店では「宝塚」、ヴィレッジヴァンガードでは「K-POP」、アニメイトでは「2.5次元ミュージカル」がもらえる。なお単行本の帯には菊地成孔からコメントが寄せられた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

漫画カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
少年ジャンプ編集部、騒然 「スマホと指で描いた漫画」がルーキー賞 新人漫画家あつもりそうさんの素顔
宙組次期トップ真風涼帆の本拠地お披露目作が決定
【4コマ】ぶどうの花言葉は「陶酔」「酔いと狂気」「人間愛」など
「天は赤い河のほとり」宝塚宙組が舞台化、来年3月から6月にかけて上演
2人の天才ダンサー描く「10DANCE」3巻発売記念、井上佐藤サイン会
  • このエントリーをはてなブックマークに追加